ロッチ、結成のきっかけは中岡の“失恋”とコカドの“相方失踪”?伊集院光も驚き「コントだね!」

2020.6.23 20:30

ロッチ、結成のきっかけは中岡の“失恋”とコカドの“相方失踪”?伊集院光も驚き「コントだね!」サムネイル画像

ロッチ

6月23日放送のTBSラジオ『伊集院光とらじおと』に、ロッチ(中岡創一・コカドケンタロウ)がゲスト出演。コンビの結成秘話を明かした。

番組パーソナリティーの伊集院光が「2人、出会いは?」と話を振ると、コカドは「出会いは、大阪の吉本で、違うコンビだったんですよ」と切り出し、「僕はいろいろ解散とかして、東京来たんですけど」「中岡くんは大阪でやってたけど『結婚する』って言い出して。初めて彼女ができて」「二十歳ぐらいで」と説明。

続けて「『その彼女と結婚したいから』って言って(お笑いを)辞めたんですよ」と話し、その後の中岡は結婚資金を貯めるために、住み込みで工場で約5年間働いたと説明。その上で「お金貯まったから、プロポーズしたんですよ」「断られたんすよ」と中岡について明かし、周囲の笑いを誘った。

さらに、コカドが「僕もちょうどその時期に、相方が失踪していなくなったんですよ」「中岡くんがその失踪した相方と仲良かったから、電話して『どこ行ったか知らん?』って聞いた」と振り返ると、これに伊集院は「コントだね!」とコメントし、驚きを覗かせた。

そして、コカドは「(中岡が)『そんなことより彼女に振られたんだ』って」「『ちょっとこれは気晴らしに沖縄旅行行こう』って言って」と話し、「その3泊4日の沖縄旅行が、もう毎日楽しすぎて」「“こんな日が続けばいいなあ”と思って、コンビ組んだんです」と明かし、笑い声をあげた。

関連画像

関連記事