DIMENSION、初の無観客有料生配信ライブ急遽決定

2020.6.12 16:40

DIMENSION、初の無観客有料生配信ライブ急遽決定サムネイル画像

DIMENSION

日本を代表するインストゥルメンタルグループDIMENSIONの、バンド史上初の無観客有料生配信ライブが決定した。

2020年、小野塚晃(key)が脱退し、増崎孝司(gt)と勝田一樹(sax)の2名でグループとしての継続を発表。二人組として新たに生まれ変わったDIMENSION。満を持して2年半ぶりのニューアルバム『31』をリリースした。

5月に発売された『31』は、AMAZONのJ-JAZZ、J-FUSION、FUSIONチャートの3部門でそれぞれ1位、そしてオリコンアルバムチャートではデイリー10位を獲得するなど今なお好セールスを記録している。

当初ニューアルバム発売後にツアーを予定していたが、コロナウイルスの影響のためツアーが延期。

何とか生の音楽を届けたいという想いから、6月14日に無観客有料生配信ライブが急遽実現。今後もDIMENSIONチャンネルと題して、定期的に配信ライブを行って行く予定とのこと。

当日のライブメンバーは増崎孝司(gt)、勝田一樹(sax)をはじめ、サポートメンバーはレコーディングにも参加した、J-POP~JAZZ FUSIONシーンでも大活躍中の安部潤(key)、リズム隊には日本の音楽シーンを支えていると言っても過言ではない則竹裕之(dr)、川崎哲平(ba)が参加する。

関連画像

関連記事

関連リンク