IZ*ONE宮脇咲良、矢吹奈子&本田仁美との“絆”語る「2人がいてくれて本当によかった」

2020.6.12 6:30
IZ*ONE宮脇咲良、矢吹奈子&本田仁美との“絆”語る「2人がいてくれて本当によかった」サムネイル画像
(c)OFF THE RECORD

6月10日深夜放送のbayfm『今夜、咲良の木の下で』に出演したIZ*ONE・宮脇咲良が、同グループの日本人メンバーである矢吹奈子、本田仁美にまつわるエピソードを語った。

【別の記事】IZ*ONE宮脇咲良の“メンバー愛”にファン感動「泣ける」「ほんとにいいチーム」

番組では、リスナーから寄せられた、“若くして海外で活動することになった日本人メンバーの3人は、寂しさを感じたり、ホームシックになったりした時、どのように乗り切っていた?”という質問メールを紹介。

これに対し、宮脇は「初めて宿舎生活をして」「韓国語もわからないじゃないですか。韓国のシステムもわからないし」「あの頃をよく乗り切ったなとは思いますね」と振り返った上で、「(3人の)面白いところが、全員結構強がりじゃないけど、頼りたがらない性格なんですよね」「3人で辛い時は『辛いよね』って言う時もあるんですけど」「3人とも泣いてる姿を見せるのが好きじゃないタイプなので」とコメント。

そして「あの時は強くいなかったら全員崩れてしまうような気がして」「嘘でも強くいなきゃいけないって、心のどこかで全員思ってたんじゃないかなと思いますね」と語り、「すごい大変な時期だったけど、“2人とも頑張ってるから、私も頑張んなきゃ”っていうのを3人が思ってたからこそ、あの頃を乗り切れたと思うし」「2人がいてくれて本当によかったなって思う」と、矢吹・本田への感謝を覗かせた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100