中居正広、リモート観覧で起きたあるハプニングに「カリスマ性のなさ」

2020.6.11 17:50
中居正広、リモート観覧で起きたあるハプニングに「カリスマ性のなさ」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

6月9日に放送された日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』に、中居正広と笑福亭鶴瓶が出演した。

【別の記事】笑福亭鶴瓶、中居正広との収録ハプニング?明かす「2人しかMCおれへんのに…」

番組では、観覧客とスタジオをリモート中継でつなげる収録を行い、画面越しの観覧客と中居らがやり取りをする場面があった。

この中で、画面に写った観覧客の1人がスタジオの呼びかけに反応せず、鶴瓶は「あの人頭かいてる、寝てはるんちゃうの?」「ちょっと!おーい!」と声をかけ、その様子に中居は「俺とべえさん(鶴瓶)のカリスマ性のなさですね」と話して笑いを誘った。

のちに、この観客が呼びかけに気づき「収録が見えてなかったんです」と話すと、中居は「リモートでべえさんと中居くんと会えるっていう、緊張感はなかった?」「やっぱカリスマ性にかけますね、僕ら」とコメントし、周囲からは笑い声が上がっていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100