堂本光一、自宅で見つかった“意外なお宝”に驚き「よかった捨てなくて…」

2020.6.8 20:20
堂本光一、自宅で見つかった“意外なお宝”に驚き「よかった捨てなくて…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

6月6日、フジテレビ系『KinKi Kidsのブンブブーン』に出演したKinKi Kids・堂本光一が自宅で発見したお宝を明かした。

【別の記事】堂本光一、“KinKi Kids解散説”を語る第三者にツッコミ「連れて来い、そいつ」

番組では、リモート企画として“光一のお家でお宝探し”という企画を放送。堂本が自宅で撮影してきたVTRを公開した。

その中で、自宅で見つかったお宝の1つとして、堂本は“硝子の少年 練習用”と書かれたカセットテープを披露し、「デビュー前か。これをレコーディングする前に『これ聞いて練習しといてください』っていうことで貰ったテープだと思うんですね」と話すも、自宅ではカセットテープを聴く術がないと話していた。

その後、カセットテープの中身を確認することになり、カセットプレーヤーで再生すると『硝子の少年』の作曲者である山下達郎の歌声が流れ、堂本は「これ完全にデモバージョンの達郎さん」と驚きの声を上げた。

聞き終わると、堂本は「まさに、この曲をジャニーさんから初めて聴かせてもらったのってジャニーさんのニューヨークの家でだったんですよ」「『YOUたち、この曲どう思う?』って」と、故・ジャニー喜多川氏と当時聴いた音源だったと話し、「うわ〜、ヤバっ」「思ったよりお宝やった。これ」「よかった捨てなくて…」と話していた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254