桜庭ななみ、上品さと透明感があふれる“寝ころびカット”を公開

2020.6.4 19:45

桜庭ななみ、上品さと透明感があふれる“寝ころびカット”を公開サムネイル画像

ななみFlowering(株式会社講談社)

桜庭ななみの初フォトブック「ななみFlowering」が、6月4日に全国発売。その表紙カットなどが公開された。

2008年に16歳でデビューし、ヤングマガジン「ミスマガジン2008」グランプリを獲得した桜庭。2018年にはNHK大河ドラマ『西郷どん』、2019年にはNHK連続ドラマ小説『スカーレット』などの話題作に続々と出演し、近日放送予定のイギリスで大ブームを巻き起こしたBBCの人気ドラマのリメイク版『13(サーティーン)』では主人公を務めるなど、女優としても幅広く活動している。

そんな清純で可憐なイメージから美しい大人の女性に成長した桜庭の「現在・過去・未来」が丸ごと一冊になったフォトブックが、6月4日に全国発売される。

撮りおろしカットと100問100答、ロングインタビューで、今まさに女優として開花する「今」の桜庭の魅力をたっぷり伝える。ページをめくれば、大人の女性としての美しさ、透明感、柔らかさがあふれ、まるで温かさに包み込まれていくような印象を受けるだろう。

さらに、0歳から27歳までのプライベート写真や、16歳でデビューして以来のオフショットも満載。デビュー当時のあどけない笑顔から、27歳となり今まさに大輪の花を咲かせようとしている桜庭の様々な表情に、12年間の軌跡がぎゅっと詰まったファン待望の1冊となっている。

関連記事