大人メタル燃魂!TV番組企画から生まれた「大人メタル合唱団」、ステージデビューを果たす

2016.5.13 20:27

大人メタル燃魂!TV番組企画から生まれた「大人メタル合唱団」、ステージデビューを果たすサムネイル画像

80年代の洋楽全盛期に洋楽ファンだった人は、一度はバンドをやってみようなどと試みた人も少なくないのではないだろうか?社会人になって様々な事情によりバンドは続けられなかった、或いは音楽を聴く時間がなくなってしまった、なんてよく耳にするが、それでも団塊世代を中心とした40〜60歳代の中高年による“オヤジバンド”ブームが到来し、再び洋楽(特にロック)を楽しむ人がかなり増えてきた。

その火付け役ともなったNHKのコンテスト番組「熱血!オヤジバトル」は90年代の後半に放送された以降、もうブームという一過性の現象ではなく、立派に新たなるカテゴリーとして根付いているのが現状だ。洋楽の現役アーティスト達自身も歳を重ね、今がある。当然、あの頃の洋楽ファンであった少年少女も中高年を迎えているはず。

そんな中、楽器を持ってバンドを組まなくても簡単にロックを楽しむ番組企画が始まった。歌を歌えばいいのだ。しかも参加者全員で。つまり、今までありそうでなかった”ロックのコーラス隊”という斬新なアイディアだ。きっかけは80年代から恋愛・ファッションを中心に、若者カルチャーを牽引した雑誌「Hot Dog Press」が、2014年にスマホマガジンとして復活、そのテレビ版としてBS日テレが2015年4月よりスタートさせた「Hot-Dog Press TV」の番組が発端となっている。40代男性の瞳をキラキラ輝かせる様々な「部活動」を生み出し、新たなるムーブメントを創出していくバラエティである。

その中の一つの部活、メタルの名曲を合唱する「大人メタル合唱団(略してO.M.G.)」では、他業種で活躍する大人たちが集結して当然合唱団を組むことになり、課題曲を渡される。ロック好きであれば、メンバーの中には音楽業界関係者も参加しているというのも頷ける。結局みんな大人になっても音楽が好きなのは変わりない。多忙な日常の業務の合間を縫いながら各パートの練習を重ねた甲斐もあり、昨年末に誕生したこの企画は、なんと部活開始から僅か4ヶ月にしてステージに立つことが発表され、半年弱で本番の舞台が実現されたのだ。

去る5月4日、渋谷のMUSIC EXCHANGE Duoで行われたトリビュート・ロックバンドのイベント「Legend of Rock」に出演。ステージに並んだ11人のオヤジメタル侍達が堂々とした姿で生き生きと歌い抜く姿はまるで、85年にディオのメンバー達が中心になってメタル/ハードロック・アーティストが集結したチャリティ・プロジェクト、HEAR ‘N AID(ヒア・アンド・エイド)を髣髴させるかのような迫力があった。

会場のメタルファンは温かく大拍手で迎え、スクリーンに映し出されたヨーロッパの課題曲「Final Countdown」の歌詞を見ながら、ステージの上のO.M.G.メンバーと大合唱を始めた。そう、一緒に合唱さえすれば一致団結できるところが、この企画の醍醐味でないだろうか。この真剣な“大人メタル合唱団”はどのような発展していくのが、今後の展開に目が離せない。ライヴの模様は5月31日(火)にオンエアーされる。

取材・Text: Keiko “Ginger” Suzuki

関連画像