三代目JSB・NAOTO、岩田剛典の“謎のスイッチが入る瞬間”明かす「本気なのか…」

2020.6.1 20:50

三代目JSB・NAOTO、岩田剛典の“謎のスイッチが入る瞬間”明かす「本気なのか…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

5月29日深夜放送のニッポン放送『三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE』に、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE・NAOTOと登坂広臣が出演。体調不良で出演を見合わせた山下健二郎の代役として、パーソナリティーを務めた。

今回番組に寄せられた、“もし二人がラジオパーソナリティーだったら、誰とどんなトークをしたい?”という質問メールに対して、登坂は「怖い話上手な人とか、都市伝説話せる人とかいるじゃないですか」「ああいう人たちのいろんな話を深堀って聞いてみたい」とコメントした。

これを受け、NAOTOが「岩ちゃんじゃない?」とメンバーの岩田剛典の名前を挙げると、登坂は「確かに。あいついろいろ知ってますからね」と同意。続けて、岩田が都市伝説などの話題で「あ~それは何々ですね」「それは何々が関与してるっていう噂がありますね」と話すとして、NAOTOは笑いながら「あん時の喋り方のスイッチ、何なんだろうね。岩ちゃんの」「ギャグなのか本気なのか分かんないスイッチ入るじゃん」と語った。

さらに、登坂が「しかもちょっとシリアスに話すんすよね」と言うと、NAOTOは「そのシリアス具合からしてさ、“絶対これホントかな”って思うとさ、バチバチ外したりとかする時あるのよ」と話し、以前に岩田が「新元号は何々ですよ」「ある情報筋から手に入れてます」などと確信している様子で語っていたが、発表されてみると全く違ったことを笑い混じりに振り返っていた。

関連画像

関連記事