関ジャニ村上「今でも忘れへん」中学時代の恥ずかしい経験「友達に…」

2020.5.28 10:10
関ジャニ村上「今でも忘れへん」中学時代の恥ずかしい経験「友達に…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

5月26日放送のテレビ東京系『ありえへん∞世界』に出演した関ジャニ∞・村上信五が、中学時代の恥ずかしい経験について語った。

【別の記事】関ジャニ∞村上信五、マツコに“ガチで注意”されたライブ中の行動とは?「この間…」

番組の中で、村上は、過去に“恥ずかしい失敗”があったとして「うち、ハンバーグで出てきた時は、イワシのすり身がハンバーグやったんすよ」と切り出し、「ひじきとゴボウと人参でかさ増しした」「出来立ての熱々むちゃくちゃ美味いんすけど、冷えたら食えたもんやなかったんすよ」「パッサパサで」と説明。

続けて「中学校の時がお弁当やったんで」「僕からしたらハンバーグですから。このイワシのハンバーグが」「『ハンバーグとそのチキン換えてくれや!』って言うたら、今でも忘れへんけど、その友達に『おまえ、何食うてんねん!』って言われたんすよ」と振り返った。

そして「見たら、美味しそうなデミグラスソースかかってる、こんなちっちゃいハンバーグも入ってましたやん」「『これがハンバーグや』言うて、それ食わせてもらった時に『おい、これ、めちゃめちゃうまいやないか!』と」「『これがハンバーグか!』言うて」と、当時の驚いた心境を明かし、他の出演者の笑いを誘った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100