宇多田ヒカル、朝ドラ『とと姉ちゃん』主題歌「花束を君に」がレコチョク4月度首位獲得。アルバム部門は三代目JSB。

2016.5.6 13:42

宇多田ヒカル、朝ドラ『とと姉ちゃん』主題歌「花束を君に」がレコチョク4月度首位獲得。アルバム部門は三代目JSB。サムネイル画像

「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 2016年4月度」が発表された。

「ダウンロード(シングル)」部門は約6年ぶりにアーティスト活動を再始動させた宇多田ヒカル「花束を君に」が初の首位を飾った。この楽曲はNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌として2016年4月4日(月)にオープニングで初披露され、4月15日(金)0:00からダウンロード配信が開始された。4月15日付デイリーランキングで初登場1位を獲得し、12日間連続1位をキープ、週間ランキングでも4月20日付、27日付の週間ランキングで二週連続1位を獲得、2016年4月度で最もダウンロードされた楽曲となった。

また、同じく4月4日(月)より日本テレビ「NEWS ZERO」のエンディングにてテーマ曲としてオンエア開始された宇多田ヒカル「真夏の通り雨」も4位にランクインしている。

「ダウンロード(アルバム)部門」は、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE『THE JSB LEGACY』が2016年4月度の1位を獲得。このアルバムは、初の全国ドームツアーを経て、さらなる進化を遂げた三代目J Soul Brothers通算7作目のアルバムだ。第48回日本有線大賞受賞、世界的DJ/プロデューサーのAFROJACK(アフロジャック)とのコラボで話題の「Summer Madness feat. Afrojack」、第57回輝く!日本レコード大賞を受賞した「Unfair World」という2015年を代表する楽曲を収録。さらに、最先端のサウンドに加え、CRAZYBOYが初参戦した待望の新曲「Feel So Alive」、自身初のドキュメンタリー映画主題歌「Born in the EXILE」、「ポッキー」CMソングで話題のTHE Sharehappi「Share The Love」など新録曲も多数収録された作品だ。

関連画像