アンガ田中、リモート収録で生まれる“恐怖の時間”とは?「滑ったかどうかの…」

2020.5.22 20:50
アンガ田中、リモート収録で生まれる“恐怖の時間”とは?「滑ったかどうかの…」サムネイル画像
アンガールズ・田中卓志

5月21日、テレビ朝日系『アメトーーク!』にアンガールズの田中卓志が出演した。

【別の記事】アンガ田中、“結婚への願望”明かすも有吉ツッコミ「無理だよ」

番組では今回、出演者らの一部がリモート収録にて登場。田中も自宅から参加し、リモートでの撮影について語る場面があった。

こういった撮影方法について、田中は「僕もう(リモート)慣れてるんで、7、8回目なんで」と話し、慣れていると説明。

しかし田中は「ただリモートって怖いのが、喋るじゃないですか」と切り出すと「で、ウケるまでに時間があるから、滑ったかどうかの恐怖の時間が2秒くらい…」とリモート撮影特有のタイムラグによる恐怖感について言及し、スタジオの笑いを誘った。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254