小泉孝太郎、憧れの女優とのキスシーンを懐古「触れるかどうかぐらいで…」

2020.5.24 18:45
小泉孝太郎、憧れの女優とのキスシーンを懐古「触れるかどうかぐらいで…」サムネイル画像
小泉孝太郎

5月21日放送のTBS系『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』に出演した小泉孝太郎が、キスシーンにまつわるエピソードを語った。

【別の記事】小泉孝太郎、弟・進次郎夫妻に誕生した第1子の“命名ウラ話”を語る「何十個の案を…」

番組内のキスシーンについての話題の中で、話を振られた小泉は「記憶に残ってるのは『グッドワイフ』っていう連続ドラマで、常盤貴子さんが主演だったんですけど」と切り出し、「僕、ずっと学生の頃から常盤さんが好きで」「下敷きの中に常盤さんの写真をずっと大切に入れてたぐらいだったので」と話し始めた。

続けて「僕、思いを寄せる役だったんですね、常盤さんに」「“ぎゅっと抱きしめて、キスをしに行く”っていう、そのト書きからドキドキしてるわけですよ」と振り返り、「唇が触れるかどうかぐらいで、すっとよけられてしまうんですけど」「でも、本当に憧れの女優さんで、大好きな女優なので、むしろそこで出来なくてよかったな」とコメント。

さらに「ちょっと複雑なんですけどね」「もちろんしたかったですけど」と正直な心境を明かし、これに他の出演者は笑い声をあげて「したかったですけどって」とツッコミを入れていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100