“エンタメ業界、デジタルへのシフト更に加速”現状と展望

2020.5.22 18:00

“エンタメ業界、デジタルへのシフト更に加速”現状と展望サムネイル画像

株式会社TWHの代表取締役社長・加藤信介氏

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、多くのライブやイベント、舞台などが中止・延期を余儀なくされている。また、その影響はCDなどのリリースにも及んでおり、店舗の営業自粛や外出自粛の余波で発売延期を発表するアーティストも少なくない。

そんな中、エイベックスの子会社でネットを中心としたクリエイターサポートをするTWHとアタラシイものや体験の応援購入サービスMakuakeは、新型コロナウイルスの影響を受けるアーティストへの支援として、「TWH×Makuakeプロジェクトスタートアップキット」を手数料無料で提供することを発表した。

「TWH×Makuakeプロジェクトスタートアップキット」とは、プロジェクトの立ち上げに必要な、プランニングや、募集意図をわかりやすく伝える文章作成、映像制作し、WEBニュースによるプロモーションを行うもので、終了後は、支援者へのリターンに必要な業者の紹介や実務をサポートするという。

今回は、株式会社TWHの代表取締役社長・加藤信介氏に同プロジェクトを立ち上げた背景、懸ける思いや事業の現状などを聞いてみた。

ー今回の「Makuake」との共同プロジェクトについて、どんな思いで立ち上げられたのかお気持ちをお聞かせください。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために活動を制限しているアーティストにとって、いまクラウドファンディングは大きな一助になっています。ただ、まだまだ利用が最大化されているとは言えないのが現状でした。

そこでアーティストやクリエイターのネット分野の活動支援に注力をしているTWHとして、今の状況に対しての支援はもちろん、今後もアーティストが色々な選択肢を活用して新しい挑戦が出来るように、クラウドファンディングとエンタテインメント業界の橋渡しをしていく必要を強く感じ、今回Makuakeさんと共同プロジェクトを立ち上げる事となりました。

ープロジェクト発足の経緯を教えていただけますか?

元々、昨年からMakuakeさんとはエンタテインメント業界に特化した形でクラウドファンディングのプロジェクトを実施させて頂いておりました。その中で今回の未曾有の事態が起き、一緒に何か支援できることはないかと話をさせて頂き、今回のプロジェクト開始に至りました。

ー御社は、ネット分野におけるクリエイターのエージェントとして、ライブストリーミングを中心とした活動支援行っておられます。今回の新型コロナウイルス感染拡大の影響をどのような部分で感じられていますでしょうか。

リアルでの活動の幅が減っている分、既存のエンタテインメントビジネスのマネタイズや活動の在り方は大きく変わってきていると感じています。その中でTWHとしてはライブストリーミングビジネスに当初から注目をして、クリエイターのサポートをして参りましたが、今回の新型コロナウイルス感染拡大で家中消費が拡大していく中で、自宅からのライブ配信や自宅からの配信視聴が伸びている部分もあり、エンタテインメント業界もデジタルへのシフトが更に加速している流れを感じています。

ーまたクリエイター・アーティストも多く所属されています。現在の状況を受けて、所属されている方の活動に何か変化はありましたか?

リアルでの活動に注力していたクリエイター・アーティストは正直大幅な年間プランの変更はやむを得ない状況でしたが、元々ライブ配信やネット上での取り組みに会社としては注力していた部分もあり、オフラインからオンラインに主戦が変わる事へのとまどいや焦りなどは無かったと思います。活動の主戦は変わりましたがやる事は変わらないですし、この環境変化で新しい形でのスター誕生も生まれてくるのではないかとも感じております。

ーこのような状況の中で、何かユニークな取り組みをされているクリエイター・アーティストさんがいらっしゃれば教えてください。

オンライン上での取り組みはまだまだ無限な可能性を秘めていると思いますが、弊社所属のクリエイター・アーティストの中には、ファン向けにオンライン飲み会(ZOOMにて)を実施したり、InstagramやTwitterなので積極的なコラボ配信やリレー企画・チャレンジ動画をしたり、自宅だから出来る事、またファンの方も自宅で楽しめる事を念頭に様々な施策を行っております。

ー今後、御社として考えられている新しいクリエイター・アーティスト支援策があれば教えてください。

新型コロナウイルス収束の先行きが不透明の中、弊社では更にネット領域に特化したサービスや企画を考えております。オンラインだからこそ出来る事、また広がる事は今後のエンタテインメントビジネス業界としても必ずプラスに働く事だと思っております。物理的に距離は離れたものの、心理的な距離は以前よりも近づいていると考えておりますので、ファンの方が更に楽しめるライブやエンタメコンテンツをクリエイター・アーティストと一緒に作っていければと考えております。

ークリエイター・アーティストの方々に向けてメッセージがあればお願いします。

今は大変厳しい状況ですが、新しいエンタテインメントが生み出せるチャンスでもあります。Makuakeさんと一体となったサポートをさせていただくことで、今までは実現が難しかった事も、このタイミングだから実現が可能な事も出てくるかもしれませんし、様々な魅力的なサービスも出てきています。

いつかリアルでの活動が戻り、一方でデジタルサービスは進化している。この足し合わせで今よりもエンタテインメントが盛り上がっている未来は非常にクリアに想像できるので、そのタイミングに向けて、今は特にネット領域で色々なチャレンジをしてみましょう。TWHではみなさんのチャレンジを全力で支援したいと考えています。

関連画像

関連記事

関連リンク