今注目の歌詞ランキング1位はあいみょんのドラマ主題歌!海蔵亮太らも初登場

2020.5.24 11:30
今注目の歌詞ランキング1位はあいみょんのドラマ主題歌!海蔵亮太らも初登場サムネイル画像
あいみょん

歌詞検索サービス「歌ネット」が、5月21日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にあいみょんの「裸の心」が初登場。2020年6月17日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、多部未華子が主演を務めるTBS系の火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』主題歌。あいみょんは、同曲についてのコメントで「この曲ができたのは2017年。いつかいつか、と思っていた楽曲。ようやく聴いてもらえる日が来ました。この曲をリリースできることが本当に嬉しいです」と想いを綴っている。

3位には、SCANDALの「Living in the city」がランクイン。2020年6月3日に配信リリースされる新曲であり、2月に発売されたアルバム『Kiss from the darkness』の制作時にベースのTOMOMIにより作詞作曲。TOMOMI自身がボーカルを務めている。歌詞には<何度でも笑って泣いて 最後にはいつだって前を向いて 未来に期待したい そうやって生きていたい>など、自粛生活の続く今だからこそ一層、心が上向きになるようなフレーズが綴られている。

5位には、海蔵亮太の「素敵な人よ」が初登場。2020年6月10日にCDリリースされる新曲であり、5月20日から先行配信がスタートしている。同曲は<僕はあの日々を 胸に刻んで 歩き出すよ>と、過去の忘れられない恋愛を引きずる自分との決別を歌った壮大なラブバラード。リリックビデオは、海蔵本人のエモーショナルな歌唱シーンで構成されている。

6位には、go!go!vanillasの「アメイジングレース」がランクイン。2020年6月3日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、既に先行配信とMVが公開されている。同曲は、2018年末に起きた長谷川プリティ敬祐(Ba)の交通事故から、約1年の時を経てリリースされる新曲。4人のgo!go!vanillasで再び音を奏でる歓びに溢れた、復活を彩る人間讃歌となっている。

7位には、さなりの「Hero」が初登場。2020年6月3日にリリースされる初のCDシングルのタイトル曲であり、岡田健史の主演ドラマ『いとしのニーナ』主題歌に書き下ろされた。歌詞には、物語の世界観を反映させつつ、彼自身の恋愛観が書きつづられている。また、さなりは、ドラマ本編に露天商役でカメオ出演。YouTubeでは同曲のミュージックビデオのティザー映像も公開中なので、ぜひ歌詞と併せてチェックしてみてはいかがだろうか。

【2020年5月21日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 裸の心/あいみょん
2位 夢花火/Novelbright
3位 Living in the city/SCANDAL
4位 君色ノート/Novelbright
5位 素敵な人よ/海蔵亮太
6位 アメイジングレース/go!go!vanillas
7位 Hero/さなり
8位 Marry Me/HAND DRIP
9位 ハイライト/SUPER BEAVER
10位 時を刻む詩/Novelbright

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254