今夜放送「ラヴソング」第4話で、菅田将暉が強引キス!「萌えでしかない」「遊びでもいいからされたい」

2016.5.2 17:46

今夜放送「ラヴソング」第4話で、菅田将暉が強引キス!「萌えでしかない」「遊びでもいいからされたい」サムネイル画像

今夜第4話が放送されるフジテレビ月9ドラマ「ラヴソング」。同ドラマは、元プロミュージシャンだが、現在は企業カウンセラーとして働く神代広平(福山雅治)と、孤独を抱えた佐野さくら(藤原さくら)の物語だ。二人が出会い、音楽を通じて心を通わせ、互いの心が交錯するとき人生が変わり始めるという物語だ。

このドラマに、佐野さくらの幼なじみ・天野空一役として出演しているのが、現在注目度急上昇中の若手俳優・菅田将暉だ。菅田は密かにさくらに恋心を抱いている役どころで、これまでにも事あるごとにさくらを支える姿が描かれてきた。

そんな彼が先週放送された第4話の予告の最後に、さくらに強引にキスをしているシーンが盛り込まれており、このシーンがSNSを中心に大きな注目を集めている。

このキスシーンを見た視聴者からは「やばい次回予告で菅田将暉くんキスしててんけど!1人で叫ぶわそりゃ!」「はぁーーラヴソングやばぁわたしも菅田将暉とキスしたい」「藤原さくらと菅田将暉のキスシーンとか萌えでしかないんだけど~~~~~ウオ~~~~~~」「菅田将暉くんに強引キスされたい」「嘘でもいいから遊びでもいいからキスされたいわボケ」「今日の楽しみ: 菅田将暉のキスを見ること」「次の月9で菅田将暉くんのキスシーンあるから見れないよ」「まって菅田将暉のキスシーンあっかーーーん!!!くそ萌えでしかねぇーー!!」とのコメントが寄せられており、そのシーンに期待が高まっているようだ。

【4話あらすじ】
神代広平(福山雅治)は、宍戸夏希(水野美紀)や他の女性たちの家を転々とすることをやめて部屋を借りた。引越しは、増村泰造(田中哲司)、星田和夫(渋川清彦)、そして天野空一(菅田将暉)にも手伝ってもらったため、神代は『S』で慰労会を行う。

4人が飲んでいると、夏希が神代の忘れ物を届けに来た。神代と夏希の関係を詮索する空一だが、2人はいわゆる恋愛関係などは否定。納得できない空一に、笹裕司(宇崎竜童)は大人には男女の垣根を越えた関係もあると告げた。そんな話をしていると、店に1人の女性が入ってきて神代に名刺を差し出す。その女性、水原亜矢(りょう)の肩書きは、レコード会社のものだった。

『ビッグモービル』の屋上で、神代とさくらはスカウトの件を話し合う。怪しい会社ではと疑うさくらに、神代は大きなレコード会社だから大丈夫だと請け負った。さらに、プロになれる可能性もあると言われたさくらは、レコード会社の人物と会うことに。そして、神代とさくらは、そろって待ち合わせの場所へと向かった。

関連画像