連敗続きのサイプレス上野が“キャラ変”予告「沸かせるようなマネやめっから」

2016.4.27 22:31

連敗続きのサイプレス上野が“キャラ変”予告「沸かせるようなマネやめっから」サムネイル画像

26日深夜放送のテレビ朝日系「フリースタイルダンジョン」で、低迷を続けるサイプレス上野がキャラ変更宣言をした。

サ上こと、サイプレス上野は、「サイプレス上野とロベルト吉野」や「サ上と中江」名義で活動し、番組では挑戦者を迎え撃つ5人のモンスターの一角を成すスゴ腕ラッパーだが、番組ではテレビ向けを意識してなのか、エンタメ要素の高いフリースタイルをベースに挑戦者を迎え撃つも結果を出すことができず4連敗中だ。

今回、サ上は以前にコラボしたこともある新潟のラッパー・USU a.k.a.SQUEZから初戦の相手に指名された。しかしそこでサ上は自身が毎回の対決前に挑戦者へうまい棒を渡すお決まりのパフォーマンスを逆手に取られてしまう。

USUから「うまい棒? お前の未来は暗いぞ 味はめんたい味? 俺に限界なし!」と韻を踏んでディスられるなど、サ上は大苦戦。最後まで流れを取り戻すことをできずにROUND2でクリティカルをもらい、悪夢の5連敗を喫してしまった。

ラップバトル終了後、進行役のZEEBRAにも「敵にうまか棒送って、見事にネタにされちゃったね…」と指摘されるも、サ上は「まあ、こういうスタイルでやらないとダメなんで自分は」と話していた。しかし、ラップバトル終了後、サ上のスタイルに変化が起きたという。

そのきっかけとなったVTRによれば、サ上は地元で自身が押忍マンに敗退する放送を視聴していたが、同日にある出来事が起きたらしい。

どうやら同じくモンスターでラスボスを務める般若から電話で「いいヤツをやめなよ。俺が思うなかでも(サ上は)相当なSだから」と言われたらしく、サ上は「いい加減うまい棒撒いたりして、沸かせるようなマネやめっから」と宣言。

サ上にとっては番組が2nd season Recに入ることも契機となったようで「俺が負けてる事とかをチャチャ入れてるガキにもわからせっからマジで」と新シーズンからのキャラ変更を示唆し、逆襲を誓っていたのだった。

関連画像