ゆきぽよ、高校時代に校長室に写真が飾られた理由とは?「史上初の留年生から…」

2020.5.20 10:00
ゆきぽよ、高校時代に校長室に写真が飾られた理由とは?「史上初の留年生から…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

5月19日放送のフジテレビ系『ノンストップ!』に、ゆきぽよこと木村有希が出演。高校時代のエピソードを語った。

【別の記事】「ライターで…」ゆきぽよの朝食風景にスタジオ騒然「やばい」「絶対あかんよ」

番組の中で、ゆきぽよの“意外な一面”として“校長室に自分の写真が飾られたことがある”と明かされると、ゆきぽよは「留年しちゃって」「普通の全日制の普通科の高校に通ってたんですけど、ちょっとギャル雑誌の撮影とかを一生懸命やりすぎていたら、進学できなくって」と話し始めた。

続けて「その時に当時の担任の先生とかみんなに言われたのが『今までこの学校で留年してから卒業できた子は1人もいないから、もうあなた辞めたほうがいいよ』って」「それがすっごいムカついて。は?みたいな。卒業できるし、ふざけんなって思って」と話し、「反省文もたくさん書いて」「“頑張るんで、留年させてください”ってお願いをして」「4年かけて、結局単位取れて卒業できたんですよ」と振り返った。

さらに「当時の校長先生がすっごい喜んでくれて。“史上初の留年生からの卒業生だ。すごい!”って」「ゆきは、喜んでくれた校長先生を見るのが嬉しくって、自分の写真印刷して『飾ってよ』みたいな」と明かすと、他の出演者から「なんてラフな…」といったツッコミが入り、スタジオは笑いに包まれた。

そして、ゆきぽよは「『飾る飾る!』って言って、一緒に飾ってくれたんですけど、ゆきが卒業すると同時に、校長先生も代わっちゃったみたいで」「だからたぶん、あんまり飾られてる期間は短かったんですけど、ホントに飾られてました」と補足を加えていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254