ゆりやん、LA滞在中の演劇レッスンで受けた“まさかの評価”明かす

2020.5.18 20:00

ゆりやん、LA滞在中の演劇レッスンで受けた“まさかの評価”明かすサムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

5月17日深夜放送の日本テレビ系『友近ゆりやんの時間』に出演したゆりやんレトリィバァが、ロサンゼルス滞在中の生活について語った。

番組の中で、ゆりやんは、2ヶ月滞在したというロサンゼルスでの生活について「英語喋れるようになりたいんで、ルームシェアして、みんなで私生活も一緒にずっと喋ろうって思ったんですけど」と切り出し、「誰も私と住みたがらなくて」「ずっとホテルにいました」と明かし、笑い声をあげた。

また、ロサンゼルスの演劇スクールで、マンツーマンでレッスンを受ける機会があったとして「台本渡されて、5ページぐらい全部英語なんですけど」「『次までに覚えてきてください』って言われて」と振り返った。その上で「覚えるのだけでも必死じゃないですか」「普通は演技なんで、意味調べないと元も子もないんですけど、そんな時間なくて」と話し、台本を英語で丸暗記しただけの状態でレッスンに臨んだことを説明。

しかし「始まる前に『まず英語でやってもらう前に、母国語で、日本語でやってください。表現の仕方見たいんで』って言われたんですよ」と振り返った。そして「どうしようと思ったんですけど、“どうせこの人日本語わからんしええわ”と思って」「適当な日本語で全部やったんですよ」と明かし、その結果“なんて素晴らしい女優なんだ”と高評価を受けたことを笑い交じりに明かした。

関連画像

関連記事