前田敦子の“同棲相手”、渡辺大知がボーカルを務める黒猫チェルシー、ドラマ劇中歌がニューシングルに収録決定

2016.4.22 23:31

前田敦子の“同棲相手”、渡辺大知がボーカルを務める黒猫チェルシー、ドラマ劇中歌がニューシングルに収録決定サムネイル画像

現在テレビ東京系アニメーション「NARUTO~ナルト~疾風伝」のエンディングテーマとして絶賛オンエア中の黒猫チェルシーの新曲『青のララバイ』が6月1日に発売されるが、今回、その最新アーティスト写真と、収録曲、特典映像の内容など、その全貌が公開された。

アーティスト写真は、2月にリリースしたシングル『グッバイ』と同じく、巨匠カメラマン佐内正史氏によって撮影されたもの。車内から撮影された珍しいシチュエーションだ。

また、今回収録される全3曲の収録曲のタイトルも発表され、1曲目はすでに発表されている通り、テレビ東京系アニメーション「NARUTO~ナルト~疾風伝」のエンディングテーマである『青のララバイ』、2曲目には、ギター澤竜次の作詞・作曲した『情熱のDancin’』を収録。

黒猫チェルシー史上初となる、スカの要素を取り入れたおバカソングで、かねてよりメンバー同士交流があった、オレスカバンドから、トロンボーンのHAYAMIとトランペットのSAKIがレコーディングに参加。彼女たちの奏でるに強く印象的な管楽器の音色、そして、メンバーやスタッフも参加したにぎやかなコーラスも入った、夏のパーティーチューンが出来上がった。

そして、3曲目には現在放送中の渡辺大知が出演しているTBSドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」内の劇中歌『抱きしめさせて~美登里の部屋ver.~』が収録。先日4月20日の初回放送で渡辺大知は、前田敦子演じる毒島(ぶすじま)ゆり子の長年の恋人役、ミュージシャンの幅美登里(はば みどり)として、すでにこの楽曲『抱きしめさせて』を披露している。今後もドラマ内で何度か出てくるのでぜひチェックしてもらいたい。

さらに、初回生産限定盤の特典DVDの内容も明らかとなった。『青のララバイ』のミュージックビデオに加え、3月27日に行われた全国7都市『グッバイ』リリースツアーのファイナル、新代田FVERでのライブ映像をダイジェストで収録。ライブ中一番の大歓声が起こったシーン、メンバー4人全員がギターを弾ける黒猫チェルシーならではの、アコースティックギターを4人が揃ってもって歌う場面も収録されているのでぜひチェックして欲しい。

約4年ぶりのシングル『グッバイ』を2/3にリリースしてからなんと、約4ヶ月の早さで次シングル『青のララバイ』のリリースを発表する黒猫チェルシー。6/26からは、この『青のララバイ』を引っさげての、東名阪でのワンマンツアーも決定しており、2016年、黒猫チェルシーの動きに目を離さない方が良さそうだ。

関連画像