BIGBANG・V.IがEXILE・AKIRAに無茶ぶりも「やさしさを感じました」。EXILE、三代目JSBら出演のドラマ・映画「HiGH&LOW」に出演決定

2016.4.22 23:29

BIGBANG・V.IがEXILE・AKIRAに無茶ぶりも「やさしさを感じました」。EXILE、三代目JSBら出演のドラマ・映画「HiGH&LOW」に出演決定サムネイル画像

アジアが誇るモンスターグループBIGBANGのV.Iが日本映画「HiGH&LOW THE MOVIE」(7月16日全国公開)及びドラマ「HiGH&LOW Season2」(4月23日深夜よりOAスタート)に出演することが発表された。

V.Iの日本ドラマへの出演は「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件」(13年/日本テレビ)より3年振り、日本映画への出演は本作が初めて。今回V.Iが挑む「李」(リ)は、韓国の組織「張城」(チャンソン)のボス張(チョウ/白竜)の息子で、非常に狡猾なキャラクター。とある事件を機に表舞台から姿を消していた、ムゲンの琥珀(AKIRA)と手を組み、チームが拮抗するSWORD地区の支配を目論む。普段の活動でのチャーミングな様子とは対照的な、冷酷で残忍な表情は必見だ。

「HiGH&LOW」はドラマ、配信、コミック、SNS、オリジナルアルバム、ドームツアー、そして映画と、数多のメディアやエンターテインメントを巻き込み展開する、世界初のビッグプロジェクト。「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」―5つのチームが拮抗するSWORD地区を舞台に巻き起こる男たちのアツい戦い、そしてその裏の友情、絆を描いている。EXILE TRIBEをはじめ、超豪華俳優陣が出演しており、プロジェクトの注目度は非常に高い。

そんなビッグプロジェクトに参加するということで、V.I当人も「出演が決まったときはEXILEの皆さんと共演できるのが本当に楽しみで、“たまらんかった”という感じでした。」と喜びを語った。

■V.I (from BIGBANG) コメント
出演が決まったときはEXILEの皆さんと共演できるのが本当に楽しみで、“たまらんかった”という感じでした。撮影当初は心配もありましたが、いざ撮影を終えてみるとあっという間だったなという気がして、寂しさを感じました。いままで演じたことのないキャラクターだったので勉強になりましたし、何より楽しかったです。AKIRAさんが自分の無茶ブリに応えてくれたのには、やさしさを感じましたし、自分もAKIRAさんとの演技で成長することが出来ました。

BIGBANGとしては、本日4月22日(金)より約2年ぶりとなる日本ファンクラブイベント【BIGBANG FANCLUB EVENT ~FANTASTIC BABYS 2016~】が開催され、4月22日(金)・23日(土)・24日(日)神戸ワールド記念ホール、4月27日(水)マリンメッセ福岡、4月29日(金)・30日(土)・5月1日(日)日本ガイシホール、5月3日(祝・火)・4日(祝・水)・5日(祝・木)幕張メッセイベントホール、5月14日(土)・15日(日) 幕張メッセ展示ホール、5月27日(金)・28日(土)・29日(日)神戸ワールド記念ホールと全4都市27公演のアリーナツアーとして行われる。

その後7月20日(水)には海外アーティスト史上初となる3年連続かつ海外アーティスト史上最多91万1,000人動員の日本ドームツアー【BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN】のツアーファイナル2月24日(水)東京ドーム公演を完全収録したLIVE DVD & Blu-ray『BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN : THE FINAL』が発売。

さらに、7月には大阪・ヤンマースタジアム長居にて、韓国本国デビュー10周年を記念したスタジアムライブを開催することも決定。【BIGBANG 10th Anniversary Stadium Live 2016 in Japan (仮)】と冠された自身初となるスタジアムライブは、7月30日(土)・31日(日)の2日間開催で11万人を動員する見込みだ。

2006年8月19日のデビューから10年の月日を経て、今やアジアの枠を超えワールドクラスのトップアーティストへと飛躍したBIGBANG。アニバーサリーイヤーとなる2016年も、ここ日本での彼らのさらなる活躍に要注目だ。

関連画像