ディーン・フジオカが、アジアに向けて仕掛けるプロジェクトの特別番組放送決定

2016.4.20 18:37

ディーン・フジオカが、アジアに向けて仕掛けるプロジェクトの特別番組放送決定サムネイル画像

俳優・アーティストとして人気急上昇中のディーン・フジオカを中心に日本の豪華アーティスト陣がアジアをつなぐプロジェクトを敢行。その模様を届ける特別番組「ディーン・フジオカ&アジアの友 We are Asia」が6月12日(日)午前1:25~2:25(土曜深夜)に放送されることが決定した。

香港でデビュー、台湾で中華圏エンタテインメントの新星として旋風を起こしたのち、今や日本に欠かせない俳優として人気沸騰中のディーン・フジオカ。彼は自ら作詞作曲プロデュースを手掛ける音楽制作をインドネシアで行うなど、多岐にわたる才能でボーダレスに活躍するアーティストでもある。

今回ディーンが仕掛けるのは「アジアに住む子どもたちの笑顔が見たい!」という目的のもと、アジアから世界に向けて子供たちが笑顔になれるイベントをプロデュース。「アジア」と「日本が世界に誇るエンタテインメント集団」とのコラボレーション・プロジェクトだ。

ディーンとともにプロジェクトに参加することになった3組のアーティストは、一昨年ロンドンに渡り音楽の刺激を受け、日本国内に留まらずアジア中のロックフェス等で観客を沸かせる3ピースピアノバンド・WEAVER。日本の映画・ドラマで注目を集めながら、中国語を操る知性とスポーツ能力の高さも魅力の若手俳優・野村周平。ヨーロッパ・アメリカも絶賛のパフォーマンスで世界を魅了する次世代型エンタテインメント集団・白A。

豪華アーティストたちがASIAと向き合い、ASIA各国の人・文化・楽器とコラボレーション。野村は香港をBMXで駆け抜けながら、白Aはカンボジアで孤児院の子供たちと一緒になって、音楽のアジアピースを求めてWEAVERとディーンはインドネシア各地で、各々の得意分野をひっさげアジア中で「笑顔のかけら」を集めていく。ゴールは、それぞれがアジア中で見つけた魅力を結集するインドネシアの世界遺産でのパフォーマンスする。

また、この番組は香港・インドネシア・タイ・カンボジアで放送されているアジアのエンタテインメント専門チャンネル「GEM」(ジェム)でも放送されることが決定している。

関連画像