ももクロを驚かせた、加山雄三の“家族に見捨てられてる”意外な趣味がネットで話題

2016.4.20 18:34

ももクロを驚かせた、加山雄三の“家族に見捨てられてる”意外な趣味がネットで話題サムネイル画像

19日放送のテレビ朝日系「ももクロChan~Momoiro Clover Z Channel~」で加山雄三が最長で19時間ゲームをプレイした事があると明かし、ももいろクローバーZのメンバーを驚かせた。

番組では、加山雄三本人により若大将の公認を受けた、ももいろクローバーZ・玉井詩織と共にももクロのメンバーたちが、加山をより詳しく知るための企画「加山さんに聞く、芸歴56年若大将伝説のウソ?ホント?」が行われた。

加山の「好きなゲームの新作が発売されたので仕事を休む?」という伝説が紹介されると、加山はゲーム好きなのは認めたが「仕事を休むことはないです」とキッパリと告げ、ももクロを安心させる。

そこで玉井が「でも新作のゲームが出たりしたらすぐチェック?」と質問すると、加山は「(メーカーが)送ってくれちゃうんだよね」と他の人よりも先にゲームをできることを嬉しそうに語った。

百田夏菜子が「今一番好きなゲームは?」と質問すると「ずーっと好きなんだけど、『バイオハザード』だね」と答えた加山は、1日のプレイ時間について「2~3時間平気でやるけど、今まででだよ、一番バカみたいにね、飯食う以外で続けていたのは19時間」と話した。これにはメンバーも思わず「エーッ!」と驚き、「19時間!?」という声が漏れていた。

最後に加山は「誰に言ってもバカだって言われてますけど、確かに家族に見捨てられてますよ」と明かしたのだった。

一連の加山の発言に、Twitter上では「加山雄三さんがバイオハザードが好きだって言ってらっしゃる」「加山さんゲーム送って貰えるんだw そしてバイオ好きなんだwww」「鈴木史朗と加山雄三は名誉バイオプレイヤーだよな」などと驚きの声が上がるとともに、一部ユーザーにとっては「加山雄三=バイオハザードの達人」である事実が改めて語られていたのだった。

関連画像