きゃりーぱみゅぱみゅから愛娘への特別ダンス指導で、大泉洋が困惑。「人生でテレビに良くしてもらったことがないから戸惑う」

2016.4.19 19:00

きゃりーぱみゅぱみゅから愛娘への特別ダンス指導で、大泉洋が困惑。「人生でテレビに良くしてもらったことがないから戸惑う」サムネイル画像

18日放送の日本テレビ系「1分間の深イイ話×しゃべくり007 皆が大好きな人気者合体SP」で、俳優の大泉洋が出演し、自身の娘が大ファンだというきゃりーぱみゅぱみゅから振付指導を受けた。

番組では、大泉が4歳になる娘を溺愛しているということで「会えたら娘に自慢できる人とモノ007」と題し、事前に確認しておいた“娘さんが好きな人/モノ”のリクエストに応えるというコーナーを用意。そこで会いたい人として挙がったきゃりーぱみゅぱみゅは、大泉の娘が「もったいないとらんど」を自然に歌うほどの大ファンということで、番組スタッフがきゃりーに出演をブッキングした。

残念ながらスケジュールの都合によりきゃりーのスタジオ出演は叶わなかったが、VTRで登場したきゃりーが大泉と娘に対し挨拶すると、「すっげえ!」とかなり驚いた様子。しかも、きゃりーは「うまく踊れるかな?」と大泉の娘に語りかけ、「もったいないとらんど」の振り付けを直々に指導し、発売前の最新シングル「最&高」とDVDをプレゼントした。

まさかの大盤振る舞いに大泉は、終始「ええー!」と驚きの声を上げ「逆に申し訳ないです……」「人生でテレビに良くしてもらったことがないから戸惑っております」と恐縮しきり。しかし、きゃりーの代わりに番組スタッフが振り付けを大泉にレクチャーする流れになると、そのグダグダぶりに大泉の機嫌は急降下。本物とは程遠いもっさりした振り付けに、スタジオからは爆笑が起こっていた。

関連画像