T.M.Revolution 西川貴教、被災地を思い、全国ツアーで一切のセット、一切の演出を排除。「音楽のみを届けに行こうと決めました」

2016.4.19 18:45

T.M.Revolution 西川貴教、被災地を思い、全国ツアーで一切のセット、一切の演出を排除。「音楽のみを届けに行こうと決めました」サムネイル画像

T.M.Revolutionが、4月19日、自身のTwitterで、5月からスタートする予定の20周年の全国ツアー「T.M.R. LIVE REVOLUTION’16 -Route 20-」で、一切のセット、一切の演出を排除して開催する、と発表した。

T.M.Revolutionは、今年がデビュー20周年。それを記念して、5月13日の神奈川県・よこすか芸術劇場から12月24日の宮城県・仙台サンプラザホールまで、全国47都道府県で50公演を行う全国ツアー「T.M.R. LIVE REVOLUTION’16 -Route 20-」を開催する予定だった。

しかし、4月14日から続く一連の熊本地震の状況を考慮した西川は「熊本での地震発生から5日が経ちましたが、未だ被災された方々が心穏やかに過ごせる状況でない中で、自分に何が出来るのかを熟考し」と、前置きをした上で「5月13日からの全都道府県ツアーを等しく、また安全にご参加頂く為に、5年前と同様に一切のセット、一切の演出を排除し音楽のみを届けに行こうと決めました。」と、今回のツアーについての発表をした。T.M.Revolutionは、5年前の東日本大震災後のツアーでも同様の試みをしており、今回もそれに続いた形での開催となるようだ。

また、「T.M.Revolutionデビュー20周年の感謝を込めたツアーということで、無理を承知で首都圏のみでの公演ではなく、皆さんのお近くに行けることと公演回数を選んだことに信念があります。」として、「引き続き募金の受付をさせて頂きながら全都道府県をまわり、少しでも支えになれるよう努めて参ります。」と音楽を通じて、被災地に対する支援活動をしていくことを明らかにした。

これに対してファンからは「どんなセットでどんな演出を考えてくれていたのか、気にならないと言えば嘘になります。でも、西川さんの気持ちは十分伝わってます。全国ツアー、とても楽しみにしてます。」「西川さんのまっすぐな思いがまっすぐな歌声に乗って、きっと届くと信じております」「5年前の震災の時にも色んな配慮をして下さいましたよね」「西川さんが全国を回って歌ってくれることの意味は、西川さんが思う以上に大きいと思います。」と賛同のコメントが相次いだ。

また、被災地のファンからも「熊本の避難所生活の者です。西川さんの声をシンプルなステージでじっくり聴けるし、まっすぐな想いが伝わります。私達も今から復興頑張りますので、共に頑張りましょう!」「ご配慮ありがとうございます。熊本で避難生活中の者です。9月の熊本でのTMライブに参戦予定で、熊本に来て下さるのをとても楽しみにしています!」「熊本市民です。お心遣いありがとうございます。9月までにできる限りの復興がんばります!」とコメントが届いていた。

関連画像