ノブコブ吉村、バナナマン日村の“罰ゲーム武勇伝”明かす「1ミリも動かなかった」

2020.5.10 18:15
ノブコブ吉村、バナナマン日村の“罰ゲーム武勇伝”明かす「1ミリも動かなかった」サムネイル画像
(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

5月7日深夜放送のテレビ朝日系『探シタラTV』に、平成ノブシコブシ・吉村崇がゲスト出演。バナナマン・日村勇紀のエピソードを語った。

【別の記事】ノブコブ吉村、新型コロナでテレビの仕事減り相方徳井が「羨ましい」

今回番組では、MCのバナナマン・設楽統と吉村が、さまざまな芸能人が考案した罰ゲーム動画を鑑賞。トークの場面では、設楽が吉村に“記憶に残っている罰ゲームは?”と問いかける場面があった。

これに対し、吉村は「俺、未だに覚えてるんすけど」と切り出し、「日村さんが、ゴムパッチンみたいなのあるじゃないですか。あれ、とんでもない距離でやったんですよ」「その時、僕ガヤみたいな、まだエキストラみたいな感じでいたんすけど」「それをバチーンって受けて1ミリも動かなかったでしょ」と振り返り、日村への驚きを覗かせた。

また、設楽も「日村さんってやっぱすごいんだよね」と同意し、「電気うなぎとか、目の前で爆破とか、動かないでいれるのよ」「画角から外れないの」と明かした。その上で「でも(日村は)ネズミが苦手なの」と補足すると、吉村は「なんでだよ」とツッコミを入れ、周囲の笑いを誘った。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254