GReeeeNの朝ドラ『エール』主題歌などが初登場!今注目の歌詞ランキングはEnGene.が首位を獲得

2020.5.3 17:00

歌詞検索サービス「歌ネット」が、4月30日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングには、1位にEnGene.の「ステキな恋の忘れ方」が輝いた。前週の2位から首位に君臨し、「いいね!クリック数」がダントツで多い結果となった。同曲は、2020年5月1日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、井上陽水が作詞作曲を手掛けた1985年のヒット曲、薬師丸ひろ子「ステキな恋の忘れ方」のカバー。疾走感と切なさ溢れるダンスナンバーとして表現されている。

2位には、GReeeeNの「星影のエール」が初登場。2020年5月11日に配信リリースされる新曲であり、NHK連続テレビ小説『エール』の主題歌である。人と人との繋がりを、互いを照らしあう星になぞらえた歌詞となっており、聴く人の心に優しく寄り添う楽曲だ。人との繋がりを阻む脅威が存在する今だからこそ、この曲で大切な人のことを思い描けるような1曲となっている。

3位には、藤井風の「優しさ」がランクイン。2020年5月20日にリリースされる1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』収録曲であり、既に先行配信がスタート。タイトル通り、歌詞には<優しさに 触れるたび わたしは恥ずかしい>など、“優しさ”についての想いが綴られている。さらに、山田健人が監督を務めたMVは、“最強の「優しさ」”を表現した作品になっている。ぜひ、歌詞と併せてチェックしてみてはいかがだろうか。

6位には、Novelbrightの「君色ノート」が初登場。2020年5月27日にリリースされるニューアルバム『WONDERLAND』収録曲である。MVは、カネボウ化粧品の人気メイクアップブランドの“KATE(ケイト)”とコラボレーション。女優・モデルとして大活躍中の田中芽衣が主人公として出演。就職活動を頑張る主人公が、あるきっかけで自分らしさに気づき、自分の“色”を取り戻し、再出発する姿を丁寧に演じている。

7位には、ゲスの極み乙女。の「人生の針」が初登場。2020年5月1日にリリースされるニューアルバム『ストリーミング、CD、レコード』収録曲だ。MVは<私、間違うことでしか人生の針を 正しくは使えないの>で始まる楽曲のテーマをもとに、メンバーの演奏と時間軸が反転した逆回転のダンスでストーリーを構成。演奏シーンと反転する時間軸で男女の行動を描くことで、“過去にレコードされた過ちは二度と変えられない”という事実を逆説的に表現している。

【2020年4月30日付、歌ネット注目度ランキング】

1位 ステキな恋の忘れ方/EnGene.
2位 星影のエール/GReeeeN
3位 優しさ/藤井風
4位 ちいさな日々/flumpool
5位 Answer/家入レオ
6位 君色ノート/Novelbright
7位 人生の針/ゲスの極み乙女。
8位 心のなかの悪魔/くるり
9位 君が生きる街/Karin.
10位 NEW DAY DREAMER/flumpool

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254