Shinn Yamada、新曲「ユレル」配信

2020.4.30 19:30

東京都東村山市出身、20歳のシンガーソングライターShinn Yamadaが新曲「ユレル」を配信リリースした。

Shinn Yamadaは、2019年3月のシングル「別れ」以来、シティポップ〜ソウル〜トラップなど柔軟な音楽性と独特な歌詞描写を、ファルセットを多用した歌唱とラップで作品に落とし込んできた“ポストトラップ世代”のシンガー。4月上旬に「Fly」のミュージックビデオが公開になったばかりだが、次なる新曲「ユレル」が4月29日に配信スタートとなった。

今作はソウル〜J-POPまで幅広いヒット実績を持つプロデューサーユニット“Soulife”とのコライトで制作。彼の代表的楽曲「Playlist」と同様の布陣となった。本人曰く「僕の片思いをしていた時の心情を詰め込んでみました」という作品は、透明感あふれるギターサウンドに揺れる想いがエモーショナルに響く曲となった。

今回のアートワークも1枚目のシングルから続いてきた「山型」デザインが貫かれている。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254