ウエンツ瑛士、“今後のテレビ界を背負う”若槻千夏との話し合いにスタジオ驚き

2020.4.28 6:40
ウエンツ瑛士、“今後のテレビ界を背負う”若槻千夏との話し合いにスタジオ驚きサムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

4月26日、日本テレビ系『おしゃれイズム』にウエンツ瑛士が出演し、若槻千夏との関係について話すシーンがあった。

【別の記事】ウエンツ瑛士「1ミリも思ってなかった」海外留学を考え始めた小栗旬の言葉とは

番組では、ウエンツをゲストに迎え様々なトークを展開。その中でウエンツは“戦友”として、若槻の名前を挙げた。

ウエンツは若槻に対し「やっぱり同世代でずっと若い時からやってきて、しかもバラエティに出始めたのが同時なので」とコメント。出演者から、ライバル的な存在なのか聞かれると「最初はそこから始まったんですけど、今はライバルっていうより先人たちが作ってきてくれたこのテレビにある財産を自分たちはどう広げていくのかっていう話し合いを」と、若槻との会話の内容を明かすとスタジオは驚きに包まれた。

そしてウエンツは「2人ともね、背負う気満々なんですよね、テレビ界を」と発言。ウエンツが海外留学している間も若槻から日本のバラエティに関しての情報が届いていたといい、「『今自分は上の人と下の人の間に挟まれてる、橋渡しをやらなきゃいけない。こういう状況になってるから、今あなた帰ってきたらこういうことが必要とされるよ、スキルが』とか」とやり取りを明かしていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100