ジャッキー・チェンが全面プロデュースした男性アイドルグループ・JJCCが日本デビュー詳細を報告

2016.4.11 16:51

ジャッキー・チェンが全面プロデュースした男性アイドルグループ・JJCCが日本デビュー詳細を報告サムネイル画像

韓国の男性アイドルグループ・JJCCが、4月9日・10日の2日間にわたって千葉県・幕張メッセで開催された世界最大級のK-Cultureフェスティバル『KCON 2016 Japan』に出演し、日本デビューの詳細を発表した。

JJCCは香港が生んだ世界的アクション・スター、ジャッキー・チェンが初のK-POPプロジェクトとして全面プロデュースし、2014年3月に誕生したボーイズグループ。グループ名の「JJCC」はJackie Chan Joint Cultureの略。2015年8月に新メンバーとしてジカ、ユルが合流し、ボーカルラインを強化。イコ、ユル、プリンスマック(オーストラリア系中国人)、エディ(アメリカ生まれの韓国人)、サンチョン、ジカ、シンバという、韓国人6人と中国人1人で構成され、それぞれがボーカル、ラップ、ダンスを担当する。今作はプリンスマック以外の6人構成。メンバーたちは、最長で10年という長い期間を準備期間として費やし、ダンス、ラップのみならず、アクション、スタント、乗馬なども訓練したメンバーも。ジャッキー・チェンの申し子達として呼ばれるにふさわしい、マルチな才能を習得しているのが特徴だ。

そんなマルチな才能を習得しているJJCCが、4月9日の『KCON 2016 Japan』で、トークショーを行った。大歓声で迎えられたJJCCメンバー。以前より告知されていた日本デビューの詳細が直接発表された。リーダーのシンバは「(デビューシングルの)『今すぐに』は片思いをする女性に捧げる男の告白を盛り込んだ、とても覚えやすい曲です。サビが可愛いく、僕たちJJCCがあなたに告白するように聴いてください。」とコメント。また、シンバとイコにより日本初となる「今すぐに」のダンスが一部披露され、会場を沸かせた。
さらに、6月からはMnetにてJJCCのオリジナル番組がスタートすることも発表された。

JJCC待望のデビュー日は5月4日。デビューシングルの「今すぐに」は、2016年3月に韓国でリリースされた『オヌル ハンボン』の日本語バージョンで、中毒性のあるキャッチーなメロディだ。デビュー以来、カリスマ性溢れるパフォーマンスを見せてきたJJCCだが、今作では、彼らの親しみのある魅力を全面に打ち出し、”ロマンチック彼氏ドル”(彼氏+アイドル)というコンセプトで日本デビューを飾る。
ミュージックビデオは、ウェブマンガの世界から飛び出してきたイケメン彼氏というドラマ仕立ての設定で、女性ならではの目線で彼らのキュートな姿を引き出した作品となっている。

今後、日韓ともに活躍の幅を広げていく予定のJJCC。その活動から目が離せなくなりそうだ。

 

関連画像