嵐の“花粉症コンビ”、松本潤と相葉雅紀が思わぬきっかけで仲間割れ!?

2016.4.9 20:30

嵐の“花粉症コンビ”、松本潤と相葉雅紀が思わぬきっかけで仲間割れ!?サムネイル画像

7日放送のフジテレビ系「VS嵐」で、嵐の松本潤が自虐を絡めて語った花粉症のツラさについて、花粉症仲間だったはずの相葉雅紀から噛み付かれてしまう場面があった。

櫻井翔の「もう4月ですって!この時期って大丈夫なの、花粉症の二人は?」という一言から始まった、この日の放送。どうやらグループ内では松本と相葉が“花粉症コンビ”のようで、相葉は「そろそろ大丈夫、4月は」と答えた。

これに対し櫻井は「え、花粉症って4月5月じゃないの?」と尋ねると、なぜかドヤ顔で「いやいや2月だよね」と答えた松本。もはや花粉症のベテランといった様子の2人だが、いっぽう櫻井と二宮和也、大野智は花粉症とは無縁のようだ。

そんな3人に対し「花粉ってさ、溜まってくって言うじゃん?」と疑問をぶつけた松本は、「(相葉以外は)東京出身じゃん。俺どんな育ち方したんだろうね?」と、同じ出身地にもかかわらず自分だけが花粉症を患っている、という自虐ネタを披露。しかし、この発言に対し「ちょっと待って、千葉バカにしてる?」と相葉が食ってかかった。

嵐メンバーで唯一、千葉県出身の相葉は「おかしいでしょ!?」と詰め寄るが、松本は「それは被害妄想だよ!」と反論。あわてて花粉症ではない3人が仲裁に入り、二宮が「みんなで仲よくやろう!」と場を収めたが、相葉は最後まで納得いかない様子で「おかしいな~」とボヤくなど、松本以上の自虐ネタを披露してスタジオの笑いを誘っていたのだった。

関連画像