千鳥ノブ、相方・大悟との“半同棲時代”を振り返り「リビングほぼ…」

2020.4.23 6:30
千鳥ノブ、相方・大悟との“半同棲時代”を振り返り「リビングほぼ…」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

4月21日、フジテレビ系『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』に千鳥・ノブが出演した。

【別の記事】千鳥ノブ、中居正広の退所会見を目にして思わず叫んだ一言を明かす「あのセリフ出るんやな」

番組では、中川大志をゲストに迎えトークを展開。その中で中川は“極端の粘着クリーナー好き”だとして、繊維が気になるため洗って干した洗濯物にも“コロコロ”すると明かされた。

さらに中川が飼っている犬の毛が気になるためカーテンにも“コロコロ”すると話すと、ノブは「性格ですね。これはもう」といい「全然違う」「俺と大悟、大阪にいてた時の家なんか、大悟の家に、笑い飯の2人と俺とほぼ半同棲みたいなんでめっちゃ出入りしてたんすよ」と振り返り、「もうなんか知らんけどリビングほぼ砂でしたよ」「中山競馬場のダートくらい」といいスタジオの笑いを誘った。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100