福山雅治、過去に購入した“奮発”ギターの値段明かす「今の値段と比べると相当…」

2020.4.21 10:00

4月18日放送のTOKYO FM『福山雅治 福のラジオ』に、福山雅治が出演した。

【別の記事】福山雅治、大ファンの女性に放った“カッコよすぎる一言”にネット反響「最高だな」「破壊力」

番組には、リスナーから、“ミュージシャンで売れてから最初に購入した高額のギターは何か”という質問メールが寄せられた。これに対し、福山は、過去に購入した1959年製の“レスポール”モデルのギターを挙げ「今の値段と比べると相当安いです」「当時、430万円」と明かした。

さらに、所属事務所の現代表取締役会長に半分出してもらったことを切り出し、「初めて出したベストアルバムがあるんですけど」「『レコード会社の今期の売り上げがいまいち芳しくないので、レコード会社の社長さんのためにも、ベストアルバム出してやってくんないか』っていうふうに言われたんですよ」と話し始めた。

続けて「僕はデビューしてそんなに時間が経ってなかったから、ベストアルバムを出すって言うことに対して否定的だったんです」「そんなキャリアもないし、ベストアルバムを出すなんておこがましいと思ってたんで」と振り返った。その上で、説得を受けて発売に同意したとして「『その代わり、ベストアルバムがヒットしたら、ギター買ってもらっていいですか?』って僕が条件出したんです」と明かし、その条件は承諾されたと説明。

そして「みなさまのおかげでヒットしたんです」「『(ギターは)いくらなんだよ?』って聞かれたから『430万円です』って言ったら『ふざけんな!』って」と笑い交じりに振り返り、「結局、半分なら出せるっていうことで」「まあ、今だから話せる話ですけどね」と締めくくった。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100