Easycome、極上ポップス5曲を収録した最新作のリリースが決定

2020.4.18 12:00

関西を中心に活動するバンドEasycomeは、1stアルバム「Easycome」(2019年7月発売)が全国のタワーレコードのバイヤーが世間で話題になる前のアーティストをいち早くピックアップする“タワレコメン”に選出され、全国の音楽ファンから注目される存在になった。

そのEasycomeが最新作E.P.「レイドバック」を6月3日にリリースすることが決定。

2019年夏に初の全国ツアーが大成功、そして初の東京・大阪ワンマンライブもSOLD OUTさせ今年の躍進が期待されている中、彼らとしてはハイペースな期間で最新作を完成させた。

このE.P.にはEasycome得意の極上ポップス満載かつバラエティーに富んだ全5曲を収録。ポップスのルーツミュージックやナイアガラポップスへのリスペクトを感じさせるサウンドに圧倒的なボーカル、コーラスワークが合わさった新しいジャパニーズポップミュージックとなっている。

1st DEMOとしてライブ会場で配布されたCDに収録されていた曲「crispy crispy」も新曲同様に再レコーディング。昨年末の大阪でのワンマンライブでVoちーかま が宣言した「Easycomeはもっともっと多くの人へ音楽を届けたい」スピリットを詰め込んだバンドの最新自信作となっているとのこと。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254