浜辺美波、10歳で受けたオーディションの面接での“まさかの発言”にスタジオ驚き

2020.4.19 18:15
浜辺美波、10歳で受けたオーディションの面接での“まさかの発言”にスタジオ驚きサムネイル画像
(c)Tomomi Matsui

4月16日放送の日本テレビ系『THE突破ファイル』に、浜辺美波が出演した。

【別の記事】浜辺美波、“19年間彼氏なし”を明かし「お酒とか飲むのと同じくらい…」

番組では、浜辺が2011年の「東宝シンデレラオーディション」に10歳で出場し、“ニュージェネレーション賞”を獲得したことが紹介された。さらに、同オーディションでの面接でのエピソードが取り上げられた。

浜辺は、母親が“自分の娘がどこまで通過するのか試してみたい”という思いで書類を送った結果、審査を通過し、面接に臨むことになったのだという。しかし、面接官から「浜辺さんの特技を見せてください」と言われ、披露できる特技がなかったので、困惑したことが明かされた。

そのピンチを乗り切った方法として、浜辺は「『特技はありません』と正直に言いました」と明かし、スタジオは驚きの声に包まれた。さらに、浜辺は「『本当に披露しなくていいの?』みたいに、すごい聞かれたんですけど」「『いや、もう全然大丈夫です』って」と明かし、スタジオの笑いを誘っていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100