元KalafinaのKeikoが、KEIKO名義でソロシンガーとして歌手活動始動

2020.4.16 11:00

2019年3月に惜しまれつつ解散をした梶浦由記プロデュースの3人組女性ボーカルユニット「Kalafina」のメンバー「Keiko」が、2020年4月16日(木)に「KEIKO」名義でソロシンガーとして歌手活動を開始することが分かった。

「Kalafina」は2008年1月に劇場版アニメ「空の境界」エンディングテーマ「oblivious」でCDデビューし、その後も、テレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」や「Fate/Zero」などの人気アニメ作品をはじめ、NHK「歴史秘話ヒストリア」のテーマソングなどを歌唱。

メンバーの歌声が奏でる一糸乱れぬ美しく重厚なハーモニーで国内だけでなく海外からも高い評価を受け続けながら約10年間の活動に幕を閉じた実力派女性ボーカルユニット。

Kalafinaの解散から1年の空白の期間を経て、ソロシンガーとしての新たなキャリアをスタートさせるKEIKOの歌手活動復帰についてのコメントがYouTubeに公開された。

「これまで積み重ねてきたことに何がプラスアルファできるか。自分だけじゃなく色々な人達の声を聞きながら悩んだり楽しんだりしながら音楽制作をしています。今年は皆さんに直接音楽を届けられる機会がたくさん持てるんじゃないかなと思っていますのでお会いできる日を楽しみにしています」と、歌手として復帰することについての想いを噛み締めながら一言一言を慎重に語る姿が実に印象的だ。

約10年間活動をしたKalafinaについて「今までも、これからも、Kalafinaの音楽を大事にしていく気持ちは変わらない。ステップアップするという意味も込めて、私を知って下さっている方にも知らない方にも、ソロとして新しい音楽を届けていきたい」と強い思いを込めて語った。

なお、現在制作中の楽曲は今年の秋頃にavex traxよりアルバムリリースされる予定で、先んじて5月にはアルバム収録楽曲「命の花」と「Be Yourself」の2曲が先行配信される予定とのこと。

「命の花」は新しい音楽制作チームと共に自身初となる作詞への挑戦を行い、「Be Yourself」はこれまでの自身のイメージには無かった楽曲へ挑戦した意欲作2曲となっているという。

さらにツアーも今年の秋頃に予定されているとのことで待ち続けてきたファンにとっては嬉しい情報が報告された。

これからソロシンガーとして新たな一歩を踏み出すことについて「『挑戦する』という思いはすごく強い。エネルギーがわいてくるような、KEIKOの音楽を楽しみに待っていてほしい」と力強く語った。

今後の活動情報はホームページやTwitterを通じてアナウンスされるとの事で続報を楽しみに待ちたい。

また、同日開設されたホームページではKEIKOからのコメントも掲載されている。

<KEIKOコメント(原文のまま)>

大切な皆さまへ

初めまして

お久しぶりです

そして

待っていてくれて

ありがとう

KEIKOです。

今、世界中が困難な問題に直面しています。

今年はソロ活動という新しい挑戦をする決意を持って迎えましたが、現在、活動自粛が続いている業界において、今は私も皆さんと同じ様に大切な人を守るべく行動をしていきたいと思っています。

日に日に変化する状況ではありますが、柔軟に、そしてしっかりと受け止め、身近な人と支え合いながら乗り越えて行けたらと思います。

一緒に乗り越えましょう。

1日も早く皆さんと音楽ができる日がきます様に。。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254