つんく♂、AKB48とのパフォーマンス対決を制した「ほとんど人妻」のモー娘。OGに感動「ジーンときました」

2016.3.30 18:53

つんく♂、AKB48とのパフォーマンス対決を制した「ほとんど人妻」のモー娘。OGに感動「ジーンときました」サムネイル画像

29日放送の「UTAGE春の祭典!」(TBS系)で、つんく♂がAKB48現役メンバーとの対決を制したモーニング娘。OGのパフォーマンスに感動する場面があった。

番組では「バトタイム」と題した企画で、モーニング娘。をテーマにAKB48現役メンバーとモーニング娘。OGが歌と踊りのパフォーマンスで直接対決を行った。

先攻としてAKB48(峯岸みなみ、渡辺麻友、柏木由紀、指原莉乃、北原里英、山本彩)が『LOVEマシーン』、後攻のモーニング娘。(飯田圭織、保田圭、石川梨華、辻希美、高橋愛、田中れいな)が『恋愛レボリューション21』、のパフォーマンスを行ったこの対決を、モーニング娘。の生みの親であるつんく♂がスペシャルゲストとして登場し、見守った。

この日、華やかな番組に出演するのは喉の手術をしてから「初めてかも」と言うつんく♂はパソコンを使って、タイピングで会話に参加した。つんく♂は楽屋に挨拶に来たモーニング娘。OGが「ほとんど人妻」だったとコメントし、スタジオの笑いを誘った。ちなみにMCの中居が「人妻のひと、手あげて」と促すと、上記メンバーに現在妊娠中のため応援のみの参加となった吉澤ひとみを加えた7人中5人が人妻だった。

なおもつんく♂は「彼女たち、断ってよかったのにね」と愛弟子たちが現役アイドルとの戦いに挑むことについて辛口のコメントをすると、高橋愛から「きびしい!」との声も上がっていたが、そこに追い打ちをかけるかのように「ジャッジきびしいよ」とさらなるプレッシャーをかけていく。

しかも、AKB48が好パフォーマンスを見せ、つんく♂の称賛を受けてからの非常に難しい出番となったモーニング娘。OGは、素晴らしいステージを見せた。そんな彼女たちに対してつんく♂は「さんざん歌をレコーディングしてきた記憶 これが戻ってきて、懐かしさとかね 歌のパワーとか そして、彼女たちの負けられないという気合い、その辺含めてジーンときました」とコメントすると、メンバーたちは感激の面持ちだ。

この対決は、観客の投票による判定の結果、54対46の大接戦でモーニング娘。OGに軍配があがった。つんく♂は愛弟子の勝利に「でもメンバーたちが本当に安心した顔 それが一番うれしいね」と、OGたちの変わらない全力パフォーマンスに納得の表情を浮かべていたのだった。

関連画像