AKB48・こじはるが卒業式エピソード告白し思わず赤面!先輩の上履きのニオイを嗅いだ!?

2016.3.29 20:24

AKB48・こじはるが卒業式エピソード告白し思わず赤面!先輩の上履きのニオイを嗅いだ!?サムネイル画像

28日放送のフジテレビ系「FNSうたの春まつり」で、AKB48の“こじはる”こと小嶋陽菜が、驚愕の卒業式エピソードでスタジオを騒然とさせた。

番組では「春の名曲 100選」と題して、数々の旅立ち~卒業ソングを紹介。そして、ゲストたちの“卒業式の思い出”ということで、MCのアンジャッシュ・渡部建が「我々の頃って“先輩、第二ボタンください!”みたいなのあったじゃないですか。今もあるんですか?」と、こじはるに尋ねた。

すると、こじはるは「中学校の卒業式のときに、みんな一番イケメンの先輩にボタンとかもらいに行ってて……」と話し、「私もなんか欲しいなと思って遅れて行ったら“上履き”もらったんですよ」とサラリと明かした。このエピソードに、当然ながらAKB48メンバーや他ゲストからは驚きの声が。

そして「とりあえず持って帰った」というこじはるは「なんか違うな……」と思いつつ、部屋に飾ったり履いてみたりしたという。しかし、ここで渡部に「嗅いだ? チラッとは嗅いだよね?」と聞かれると、こじはるは赤面しながら「さすがに嗅ぎました……」と告白。

さらにはダンス&ボーカルユニット・RADIO FISHとして出演していたオリエンタルラジオの中田敦彦から「履いて嗅いだんですか? それとも嗅いで履いたんですか?」と問いつめられると、ますます顔を真っ赤にして照れまくっていたのだった。

関連画像