TRIGGER最新作「キズナイーバー」のEDテーマ担当「三月のパンタシア」のデビューシングル「はじまりの速度」が6月1日に発売決定

2016.3.28 13:33

TRIGGER最新作「キズナイーバー」のEDテーマ担当「三月のパンタシア」のデビューシングル「はじまりの速度」が6月1日に発売決定サムネイル画像

大ヒットアニメ「キルラキル」を手掛け、絶大な支持を誇るアニメ制作会社「TRIGGER」の新作TVアニメ「キズナイーバー」。そのエンディングテーマを担当する、新進気鋭のクリエータープロジェクト「三月のパンタシア」のメジャーデビューシングルの発売日が6月1日であることが発表された。

今作は初回限定盤・通常盤・アニメ盤の3形態があり、そのジャケットイラストの一部が公開された。今回公開された初回限定盤・通常盤のジャケットは、ベストセラー小説「君の膵臓をたべたい」の表紙のイラストを描いた、人気急上昇中の若手イラストレーターのloundrawが担当している。

シングルの1曲目「はじまりの速度」は脚本家の岡田麿里の作詞、2曲目「花に夕景」はn-bunaが楽曲制作を手掛けていることがこれまでに発表され注目を集めていたが、3曲目に収録される「キミといた夏」では、「TRIGGER」の前作「キルラキル」のオープニングテーマをはじめ数々の人気アニメ主題歌を担当してきたアーティスト「GARNiDELiA」が楽曲制作を手掛けていることが明らかになった。

また、3月25日から3月27日まで東京ビッグサイトにて開催されていた「AnimeJapan 2016」にて、「キズナイーバー」のプロモーションビデオとともに「はじまりの速度」の楽曲の一部が公開され、話題を巻き起こした。ボーカル「みあ」のどこか憂いを秘めた声が、アップテンポで爽やかでありながら切なさを感じさせる楽曲と絶妙なハーモニーを奏で、「キズナイーバー」の世界観とも高い親和性を示している。「はじまりの速度」が使用されている「キズナイーバー」のプロモーションビデオは、アニメ公式サイトにも公開されているので、アニメ映像と一緒にぜひ楽曲を味わってみたいところだ。

「三月のパンタシア」は、発売中の「リスアニ!Vol.24」にて巻頭特集が組まれており、自身初のインタビューを含めこれまでのインディーズ活動のヒストリーも紹介されている。
過去に発表した楽曲などに関しては全てオフィシャルサイトにて公開中。

なお、公式Twitterアカウントも開設。三月のパンタシアの最新情報は今後そちらでも発表されるので気になった方は是非チェックしてみてほしい。

関連画像