カンニング竹山、スキャンダル記事が出る際の“動揺”語り、松本人志も「わかるわ」

2020.4.10 10:00
カンニング竹山、スキャンダル記事が出る際の“動揺”語り、松本人志も「わかるわ」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

4月8日放送のTBS系『水曜日のダウンタウン』に、カンニング竹山が出演した。

【別の記事】カンニング竹山、有吉弘行への“食事の奢り”額に言及「半端ない」

今回、竹山は「『明日週刊誌にスキャンダル記事が出る』とマネージャーから聞かされてもプロなら一切表に出さずにその日の仕事やり切れる説」のプレゼンターとして登場。

VTR前のトークで、竹山は「私も11年前にですね、某写真誌というか、週刊誌に写真が載りまして、大変なことになったんですけども」と切り出し、「聞いた瞬間から、もううわの空になるわけですよ」「当時、NHKのクイズ番組の直前に聞いたんですけど、1問も答えませんでした」と当時の動揺した心境を明かし、周囲の笑いを誘った。

これに、ダウンタウン・松本人志も「わかるわ」と共感し、「あんまり普段見慣れへん、ちょっと偉いさんのチーフマネージャーがウロウロしてたら、“絶対何かあったわ”って思う」「収録中、“この後絶対何かあるわ”って」とコメントしていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100