ファンもビックリ!人気バンドのメンバーが一般人として街頭インタビューに出演する珍事

2016.3.23 19:18

ファンもビックリ!人気バンドのメンバーが一般人として街頭インタビューに出演する珍事サムネイル画像

22日放送のテレビ東京系「ありえへん∞世界」で、人気バンド・LUNKHEADのベーシスト、合田悟(ごうださとる)が一般人として街頭インタビューに登場する珍事が起きた。

番組では「答えられないと恥ずかしい!?“新常識”」と題した企画で、様々な雑学問題を街頭インタビュー形式で一般人に出題し、回答してもらった。

その中で「駄菓子の定番“ボンタンアメ”は、なぜオブラートに包まれているの?」という問題が出題された。まず“アホの安田、答えてみい”とフリを受けた関ジャニ∞・安田章大が「子どもが食べることが多かったと思うんです。なので、すごく刺激が強いからオブラートに包んでる感じ……?」という珍回答でスタジオの失笑を買った。

その後、73%の大人が勘違いしたことを紹介すると、コーナーはスタジオから街頭インタビューに移り、VTRでは青い髪のわかりやすい見た目をした男性が登場した。

実はこの男性が合田で「(ボンタンの)果実の皮を表現するために(オブラートで)包んである」という解答で、番組内で“答えを勘違いした大人”のひとりとして紹介されてしまったのだ。

気になる正解だが、番組スタッフがボンタンアメを製造するセイカ食品株式会社を訪れて、オブラートの謎を尋ねた。すると同社の部長が「紙で包むと、くっついて剥がせなくなります。そのためオブラートで包んでおります」と回答した。ボンタンアメの原材料には“もち米”が使われているため、紙で包むとベタベタしてしまうそうだ。

一方Twitter上では、人気バンドのベーシストが一般人扱いで街頭インタビューに登場するレアなシーンに対して、「テレビで合田さん見れて嬉しかったです」「たまたま見ててすごくテンション上がりました」「ありえへん∞の世界(テレ東)にG田さんが出てきてびっくり!!!!!」といったファンからの反応がじわじわと上がっている。

合田も自身のTwitterアカウントで「そういやこないだ渋谷で取材受けた(笑)。テレビ東京さん、ありがとうございます!」「親からLINEきましたw」とリアクションしていたのだった。

LUNKHEADは、4人組のロックバンドで、2004年にメジャーデビューを果たしている。5月11日にはニューシングル「決戦前夜」をリリース。同シングルの表題曲は4月から放送されるテレビアニメ「うしおととら」第3クールのエンディングテーマに決定しており、現在注目を浴びるバンドの一つだ。

関連画像