宮川大輔、内村光良が語った千鳥ブレイク前の印象を明かす「むちゃくちゃ売れて欲しいって」

2020.4.9 6:00
宮川大輔、内村光良が語った千鳥ブレイク前の印象を明かす「むちゃくちゃ売れて欲しいって」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

4月7日、フジテレビ系『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』に千鳥・大悟とノブが出演し、恩人について語るシーンがあった。

【別の記事】千鳥・大悟への気持ちを告白した“ある人物”に反響「めちゃくちゃ分かる」「キュンときた」

番組のトーク中、千鳥の“東京の恩人”は宮川大輔だと明かされると、ノブは「大輔さんが東京で俺ら仕事がない時に『面白いでっせ』って言ってくれて『青空レストラン』呼んでくれたんですよ」と、宮川が出演する日本テレビ系『満点☆青空レストラン』に呼んでもらえたと話した。

続けてノブは「その時に使えもしない僕らの『シンプルに口が臭い』のギャグ。あれを絶対放り込めと。でも『青空レストラン』なんです」「『あんなご飯の番組でシンプルに口が臭いって無理でしょ』って。『いや、やれ』って。めっちゃやってオンエアではもちろんカットなんですけど、それを見てたスタッフさんが面白かったって呼んでくれたのが内村さんの『笑神様』なんですよ」と、宮川の計らいのおかげで、その後ウッチャンナンチャン・内村光良が出演する日本テレビ系バラエティ番組『笑神様は突然に…』の出演に繋がったと明かした。

それを受けて宮川は、「内村さんが打ち上げで『千鳥って面白いね』と『ああいう面白い子らがむちゃくちゃ売れて欲しい』っていうてはった」と、当時内村が感じた千鳥の印象を語っていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.254