“いつ恋”月9史上最低視聴率も「信じられない」「めっちゃ面白かったけど」の声。有村架純、高畑充希らも最終回にコメント

2016.3.22 19:22

“いつ恋”月9史上最低視聴率も「信じられない」「めっちゃ面白かったけど」の声。有村架純、高畑充希らも最終回にコメントサムネイル画像

21日、最終回を迎えたドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」。有村架純、高良健吾、高畑充希、西島隆弘らの繰り広げる恋愛群像劇が、若い世代を中心に話題を呼び、毎週放送時にはSNSなどで大きな盛り上がりを見せていた。

最終回を終えて、本日同ドラマの平均視聴率が、過去の“月9”枠で最低を記録したと報じられているが、ネットではこの報道に対して、「視聴率低いっていうけど結構周りで見てるって聞くけどな」「純粋なドラマで大好きだったけどなぁ。視聴率が低いなんて信じられない。」「めっちゃ面白かったのに」「視聴率は悪かったかもしれないけど良いドラマだったと思うの」「視聴率は悪くても僕はキュンとしました!」「日本の恋愛ドラマで、いいな、と思ったんは久しぶりってぐらい気に入ってたけどな~」「わたし史上初めて最後まで見た月9だったんだが」「最近はどのドラマも録画してる見てる人の方が多くない?」「盛り上がっていたのは我が家だけ?」と言った、ファンからの声が相次いでいた。

また、最終回を迎えて出演陣もネット上でコメントを寄せており、有村架純はオフィシャルブログで「音や練、みんなから本当に学ぶことがたくさんありました。現場で大切な人たちとも出会えて、音のこともずっと大切にしたいと思えて。この作品に出会えてよかったとか、そういう言葉で表したくないくらい、自分にとってとてもとても大きいなにかが残りました。ちゃんと残りました。」とコメント。

高畑充希も、最終回終了後、自身のTwitterにて「道があって、約束があって、ちょっとの運があれば、また会えます。いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう、に、出会えて、幸せでした。きほちゃんありがとう。みんな、ありがとう、ほんまに」と、自分が演じた日向木穂子という役と周囲や視聴者に対する感謝の言葉を綴っていた。

関連画像