ウエンツ瑛士、日本に帰国して改めて気付いたこと明かす「めちゃくちゃ面白えな」

2020.4.7 20:40
ウエンツ瑛士、日本に帰国して改めて気付いたこと明かす「めちゃくちゃ面白えな」サムネイル画像
(c)E-TALENTBANK

4月7日放送の日本テレビ系『バゲット』に、今年イギリス・ロンドンの留学から帰国したウエンツ瑛士がゲスト出演した。

【別の記事】ウエンツ瑛士「1ミリも思ってなかった」海外留学を考え始めた小栗旬の言葉とは

番組の中で、ウエンツについて“テレビがないと死んでしまう”と紹介され、他の出演者から「テレビっ子なのは昔からですか?」と尋ねられると、ウエンツは「昔からだったんですけど」「ロンドンに行って、最初言葉もわかんないですし、テレビを見る機会っていうのがすごく減った」と切り出した。

続けて「帰ってきてから日本のテレビ見て、めちゃくちゃ面白えなって思って」「見なかったからこそ、改めて見て、めっちゃ気付いたっていうのがありました」とコメント。

さらに「基本的には朝からレッスンに行ってたので」「朝7時とか8時のニュースだけは見て」と滞在中の生活を振り返り、「夜もバラエティは見られれば見たんですけど、基本クイズ番組とかが多いので」「そもそも英語がよく聞き取れない」「答えもわからないし」と語った。

そして「日本ほど、バラエティでも、いろんな種類のバラエティがあって、いろんな見せ方をするっていうのはすごいなって改めて思いました」とコメントし、驚きを覗かせていた。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254