堂本剛、篠原信一がインフルで番組ロケ欠席。堂本光一がハプニング続出に嘆く

2016.3.21 19:52

堂本剛、篠原信一がインフルで番組ロケ欠席。堂本光一がハプニング続出に嘆くサムネイル画像

20日放送のフジテレビ系「KinKi Kidsのブンブブーン」で、KinKi Kidsの堂本光一が相方、ゲストと病欠でハプニング続出の番組ロケを嘆く場面があった。

番組冒頭、光一は無言のまま厳しい表情でロケの開始場所にひとり佇んでいると、スタッフから「長い!」と爆笑しながらダメ出しされるほど。ようやく光一は「いやあ、おかしな展開な回になっております!」と挨拶した。

そして「まず、いつもここで『KinKi Kidsのブンブブーンです』と言う人がいない! オープニングからなんも喋らへん人がいる。どうなってんのやって話ですけどもね」とコメントした。またこの日、相方の堂本剛がインフルエンザで、急遽ロケを欠席したことをここで報告した。

続けて光一が「本日のゲスト、ご紹介したいと思います。篠原信一さんです!」とコールすると、「違う、違う」と言いながら登場したのはなぜか、アンジャッシュの児嶋一哉だった。光一が「おかしいって!」「めちゃくちゃだよ!」とゲストの児島に抗議していると、松村未央アナウンサーが登場し、ゲストで来る予定だった篠原がインフルエンザで剛と同じく、急遽出演ができなくなったと説明が入る。ここで松村アナは「スケジュールのあった“大嶋”さんに来て頂きました」とお決まりの児島ネタを発すると、児嶋は「児嶋だよ! 失礼だな」と返していた。

この日の番組内容は、篠原の希望に合わせて児島の相方、渡部建がオススメする東京の美味しい焼き鳥屋さんを巡るロケになっていたが、篠原の代わりに児嶋がそのまま食レポを担当することに。しかし、不慣れというよりも単純にボキャブラリーに乏しい児島の食レポに光一は「全然アカンやつや…。今日なにしに来たんですか?」と嘆いてしまうほど。

また災難はこれだけではなくロケの後半にもアクシデントが待ちうけていた。急遽ゲストとして呼ばれた児嶋には次の予定が入っていたため、途中であっけなく離脱してしまう。そのため残された光一は最初に苦手だと発言していた食レポにも悪戦苦闘しながらもチャレンジするなどし、ゲストのいない状態でどうにかエンディングを迎えたのだった。

関連画像