有村架純が選ぶのは「やっぱり練」。“いつ恋”今夜最終回で結末に注目が集まる。主題歌を歌う手嶌葵は『FNSうたの春まつり』出演

2016.3.21 19:50

有村架純が選ぶのは「やっぱり練」。“いつ恋”今夜最終回で結末に注目が集まる。主題歌を歌う手嶌葵は『FNSうたの春まつり』出演サムネイル画像

本日最終回を迎えるフジテレビ系ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に出演中の有村架純、高良健吾、高畑充希、坂口健太郎、西島隆弘、森川葵が3月21日の朝放送されるフジテレビ系「めざましテレビ」に生出演した。

番組では、昨夜6人が揃って食事をしたことなどが語られ、6人の仲を有村は「落ち着くというか。ワーワーする仲の良さっていうよりも、そのメンバーと二人っきりになっても大丈夫、みたいな」と語った。

そして、視聴者から寄せられた「(女性陣は)練くん、朝陽くん、晴太くんだったら誰を選びますか?」という視聴者からの質問に、森川葵、高畑充希らが西島隆弘演じる朝陽を選んだのに対し、有村は「私はやっぱり練がいいですねぇ」とコメント。「不器用だけどまっすぐなところがいいですし、ちゃんと考えてることをまっすぐ伝えてくれるから」とその理由を話した。

注目の最終回は本日21時から放送されるが、有村架純演じる音が、練と朝陽のどちらを選ぶのか、どんな結末を迎えるのかに大きな注目が集まっている。

また、このドラマの盛り上がりに大きな役割を果たしている主題歌「明日への手紙」を歌う手嶌葵が、3月28日に放送される『FNSうたの春まつり』に出演することが決定。当日の歌唱曲はまだ発表されていないが、ドラマと共にヒット中の「明日への手紙」が披露される可能性もありそうだ。

関連画像