ゲス極・川谷にカンニング竹山が「ちゃんとしなさいよ」。Twitterは賛否両論、一部で解散求める署名活動も

2016.3.17 12:57

ゲス極・川谷にカンニング竹山が「ちゃんとしなさいよ」。Twitterは賛否両論、一部で解散求める署名活動もサムネイル画像

16日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に出演したカンニング竹山が、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音に対する報道にコメントする場面があった。

この日、同番組では、全国ツアー中の川谷のライブ現場で本人に直撃した映像と、この日発売された川谷のインタビューが掲載されている週刊誌の内容を抜粋して紹介。その映像後に、ベッキー所属事務所担当者が二人の関係が既に終わっているとコメントしていることを伝えた。

MCの安藤裕子が「こんなことを事務所が言わなきゃいけないんですね」とベッキーと事務所が同じ竹山に話を振ると、竹山は「僕は事務所と直接話してないから分かりませんけども」と苦笑しながらも、「まあ、でも大人だからね。二人の関係のことだから世の中には謝る必要ないと思うんですけど、このことによって働かなくてもいい大人達が働いちゃったわけじゃないですか。いろいろね。いろんな関係者がみんな。だからそれに対しては、芸能やってる大人なんだから裏でもいいけどちゃんと謝ったら、とは思いますよね。ちゃんとしなさいよ、と」と自らの意見をコメントした。

また、前段で紹介されたVTRでは、会場から出ようとするメンバーに対して、記者達から質問が投げかけられていたが、それを遮るかのように、会場スタッフの「ウェーイ」という声が次々発せられ、スタッフやメンバーもそれに対して笑っている様子も映されており、これに対しても「関係者の方か何か分かんないけど『ウェーイ』じゃない、と。何やってんだよと。そこはちゃんと迷惑かけた人が少なからずいるわけですから、礼儀としてちゃんと謝ったらとは思いますけどね」とも語っていた。

現在、ゲスの極み乙女。は全国ツアーの最中だが、オフィシャルTwitterではライブ後の様子と見られるメンバーの笑顔の写真がアップされている。これに対して「みなさんの笑顔がステキです」「川谷さんの笑顔が見れて嬉しいです」というファンからの喜びの声が上がる一方「川谷までなぜ笑う!?!?」「川谷のこの顔腹立つ」「何でまだのうのうと歌手(笑)活動してんですかね~?」など、否定的なコメントも殺到しており、賛否両論だ。

また、現在オンラインでゲスの極み乙女。の解散を求める署名活動も開始されるなど、まだまだ沈静化の様子が見えないこの騒動。その行方が注目される。

関連画像