東出昌大、生田斗真を虜にする“イケメンキラー”なアーティストとは?東出の斬新なラップ披露に注目も

2016.3.15 19:24

東出昌大、生田斗真を虜にする“イケメンキラー”なアーティストとは?東出の斬新なラップ披露に注目もサムネイル画像

14日放送の日本テレビ系「しゃべくり007」で、俳優の東出昌大が自身の好きなアーティストとして、MOROHA(モロハ)を挙げた。

東出は“好きすぎてつい戦いたくなる人”を3人選んで一戦交えるという「戦いたい人007」と題した特別コーナーで、MCのアフロとフォークギターのUKからなる異色のラップグループ・MOROHAを対戦相手として指名。映画で共演した池松壮亮と音楽の話をしていた際に「ぜったいMOROHA好きだよ」とオススメされて以来、どっぷりハマってしまったのだとか。

実はMOROHAのスタジオ登場は、生田斗真の「会いたい人」として出演して以来2回目。くりぃむしちゅー・上田晋也に出演後の反響などを質問されると、アフロは「すごかったですね。女性の方がけっこうライブに来て、始まるとキョロキョロしてて。生田さん探してるんです」と反響の大きさを語った。それでも「(終演後に)CDを買って帰ってくれたりする」とのことで、本人たちとしても大歓迎だそうだ。

「『革命』っていう曲が自分とダブって、よく聴いてます」と、同曲をリクエストした東出。そしてスタジオ生ライブの後、くりぃむしちゅー・有田哲平、チュートリアル・徳井義実を交えて、MOROHAとの「即興ラップバトル」を行う流れに。

アフロは「『しゃべくり007』まさか2回目の登場。生田斗真、東出昌大、え?俺イケメンキラー?」とラップバトルをスタート。「自分の心の真ん中で、ヘタクソでもいいから『しゃべくり』の感想を聞かせろ!」と熱いラップで挑まれた東出は、「役者になって4年目、2回目の『しゃべくり007』。会いたかった人たちに会えて、役者になって本当に良かったなと思ってます」と、斬新な朗読スタイルで応戦し、スタジオの爆笑を誘っていたのだった。

関連画像