中居正広、退所会見での“こだわり”を語る「ライブほどじゃないけど…」

2020.3.30 21:05

中居正広、退所会見での“こだわり”を語る「ライブほどじゃないけど…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

3月29日、日本テレビ系『中居正広の【悲報】館』に中居正広と千鳥のノブが出演した。

番組のスタジオトークで出演者が中居の退所会見について話題を振ると、ノブは「凄い楽しい会見でしたよね」と感想をコメントした。

中居は「1人でやるつもりでしたから。ほんとに誰もいなかったね」「ちょっと作る感じだったんですよ。変な話しですけどその会見の前まで漏れてはいけないんで…」と、会見をするという情報が漏れないよう、番組収録の前に会見を行うことに決め、会場の下見なども事前にしていたと明かすと、ノブは「そんなんしてたんすね!」と驚きの声を上げた。

そして中居は「ライブほどじゃないけども、『灯りを作って頂けませんか?』みたいな」といい、会場が無機質な雰囲気で堅くなってしまうことを危惧し、「『横からオレンジを2つくらい置いておいてもらえませんか?』って。ちょっと暖かくなる、色が」と、灯りの設置を依頼したことを明かし、美術スタッフにより本番では天井に灯りを吊ってくれていたと話した。

中居の会見に対する様々な処置を聞いたノブは「柔らかい空気確かにしました」といい、「やっぱりプロデュース大事なんですね」と終始感心した様子を見せていた。

関連画像

関連記事