土屋炎伽、妹・土屋太鳳に“助けてもらっていた”子ども時代を懐古「入れてもらえない…」

2020.3.27 6:20

土屋炎伽、妹・土屋太鳳に“助けてもらっていた”子ども時代を懐古「入れてもらえない…」サムネイル画像

土屋太鳳

3月25日深夜放送の関西テレビ『関ジャニ∞のジャニ勉』に、ミス・ジャパン初代王者の土屋炎伽が出演。妹の土屋太鳳とのエピソードを語った。

番組では、“これってウチだけ?土屋家のルール”の内の1つとして「門限を破ると家に入れない」と紹介された。土屋は「門限は、中学までは(夕方)5時で、大学生が終わるまでは(夜)10時だったんですね」と切り出した。

続けて「特に幼い頃は、連絡せずにちょっと門限過ぎて帰ったりすると(母親から)『門限を忘れて遊ぶ人はうちの子にはいません』ってインターホンで言われて」「入れてもらえないんです」と明かし、スタジオは驚きの声に包まれた。

さらに「冬とかってちょっと寒いじゃないですか」「寒いから、悲しいし入りたいなと思って、家のポストのガチャッて開くとこで『太鳳!入れて!』みたいな」「妹があっち側から聞いてて『ほの、大丈夫?』みたいな」として、妹の協力で家に入れてもらったことを振り返り、「よく妹や弟に助けてもらってました」と語っていた。

関連画像

関連記事