関ジャニ丸山隆平が、毎年恒例“カウコン”でまさかの事態に陥っていたことを村上信五が暴露

2016.3.9 18:57

関ジャニ丸山隆平が、毎年恒例“カウコン”でまさかの事態に陥っていたことを村上信五が暴露サムネイル画像

8日放送のテレビ東京系「ありえへん∞世界 2時間SP」で、関ジャニ∞の村上信五と安田章大が、年越しライブ「ジャニーズカウントダウンコンサート2015-2016」で丸山隆平に起きたハプニングを語る場面があった。

VTRで紹介した歩道を突進してきた車を、すごいスピードでとっさに避けた男性について、丸山がコメントすると、村上は「でも、去年のジャニーズカウントダウンで、出(の場面を)トチった時の裏のスピードあんなんやったで!」と話は脱線する。

「マジか!」とつぶやく丸山をよそに、村上は「ジャニーズメドレーがあったんですよ。グループをシャッフルして、我々からは代表でその曲は丸山くんやったんです」と詳細を語り出した。

丸山はメドレーについて、「長瀬(智也)君と(堂本)剛君と国分太一君」とそうそうたるメンバーとの共演だったことを匂わす。

また村上は当時のことを、「我々は次の衣装にね、着替えてるんですよ」「でもまだメドレーやってるから、マル、それ出なあかんのに、何か知らんけど俺らと一緒に着替えてるんですよ」と関ジャニの代表として唯一メドレーに参加していなければならないはずの丸山が、ほかのメンバーと一緒に着替えていたことを明かしたのだ。

スタジオでこの話を聞いていた、ますだおかだの岡田圭佑もここでようやく事の重大さを理解し「いや、あかんあかんあかんあかん!」と声を上げた。村上の説明によると、現場でもメンバーから「何してんねん! お前これ出なあかんちゃうんか!」と言われた丸山は「ホンマや!」と大急ぎで衣装を着なおしたそう。

安田もこの混乱ぶりを「めったに大声出せへんマネージャーがメッチャ大声で『丸山さん! まだ!? まだ!?』って」と急かしていたと振り返ると、スタジオは爆笑となり、丸山も当時を思い出したのか、無言のまま笑みを浮かべていたのだった。

関連画像